レンジ+ワンボウルで簡単!「さつまいものジンジャーレモン煮」

レンジ+ワンボウルで簡単!「さつまいものジンジャーレモン煮」

おはようございます!料理家・国際中医薬膳師の齋藤菜々子です。

今日はボウル1つで簡単に作れ、火も使わないレンジさつまいもレシピをご紹介します。

彩りの良いさつまいものおかずを作っておくと、お弁当やもう一品欲しい時にも重宝します。甘いので、小腹が空いたときのおやつにもおすすめです。

国産のレモンも出始めた時期なので、ぜひお試しください♪

今週のセルフケア食材「さつまいも」

さつまいもの効能

さつまいも

  • 消化や胃の調子を整える
  • 気を補う
  • お通じの改善

薬膳ではさつまいもをはじめとした芋類は、消化の力を養うものとされています。消化の力が弱まると、疲れやすい、疲労倦怠感、食欲不振、食後の眠気、むくみなどの症状が表れます。

消化自体がうまくいかないと、どれだけ栄養価の高いものを食べても、その後体内で活用される力が足りないので、もったいない状態になってしまいます。そのため、消化の力は常に養っていたいものです。

また、秋冬は外気の乾燥により、大腸も乾いてお通じの巡りが悪くなったり、冷えで大腸がうまく動かなくなるということもあります。

そんなときにはさつまいもを食べて、巡りを助けてあげましょう。

レンジ+ワンボウルで簡単!「さつまいものジンジャーレモン煮」

さつまいものジンジャーレモン煮

材料(作りやすい分量)

  • さつまいも 1本(350g)
  • レモン(国産) 1個
  • しょうが 2かけ
  • (A)水 200ml
  • (A)蜂蜜 大さじ3

作り方

1) さつまいもは皮を良く洗い、1cm幅の輪切りにする。2~3度すすいで、たっぷりの水に10分ほどつけ、ザルにあげて水けを切る。

さつまいも

2) レモンは半分は輪切りにし、半分は果汁を絞る(大さじ1~1と1/2程度)。しょうがは千切りにする。

3) ボウルに(A)を合わせて混ぜ、さつまいも、しょうが、レモン果汁を加える。ふんわりとラップをして600Wのレンジで4分加熱する。取り出して混ぜ、さらに4分加熱する。

4) ラップを外してレモンの輪切りを加えさっと混ぜ、そのまま冷ます。

さつまいものジンジャーレモン煮

ポイント

  • さつまいもは水にさらすことで、余分なでんぷん質を落とし、変色を防げます。ただし、長くつけすぎると栄養素も溶けてしまうので、10分ほどであげるようにしてください
  • レモンはポストハーベスト不使用のものを使用してください

★Instagramにて薬膳について発信中です。

齋藤菜々子 Instagram:@nanako.yakuzen

関連記事:

ピックアップ

毎日でも飽きない♪朝美人さんの「お気に入り朝ごはん」3選
手がかかりそうに見えて「フライパン1つ」で簡単!朝食レシピ3つ
「楽器」を1単語の英語で言うと?
食材1つだけ!簡単作り置き「焼き大根のうま煮」