【動画で解説】子どもがけいれんしだしたら…。知っておきたい「熱性けいれん」の応急手当方法

子どもが急に意識を失い痙攣(けいれん)しだしたら…。6カ月~5歳くらいまでの子どもに多く起こる「熱性けいれん」。わが子が痙攣をしだしたらどう対応したらいいでしょうか。万が一のときに知っておきたい対処法を動画で解説します。

動画で解説【子どもが「熱性けいれん」を発症したときの応急手当方法】

教えてくれたのは

横田俊一郎先生

横田小児科医院院長。78年東京大学医学部を卒業し、東大病院小児科へ入局。その後、大学病院、関連病院で小児科診療に従事。血液・悪性腫瘍グループに属する。88-93年は社会保険中央総合病院(現「東京山手メディカルセンター」)小児科部長。93年に父の後を継いで小田原市北ノ窪にて開業。97年より現在のクリニックを新築。
社会保険中央総合病院小児科に就職し、日本外来小児科学会の設立に関わってからは、外来診療を中心に、ありふれた病気、健康増進のための医学、子育て支援をテーマに勉強を続けている。
▶横田小児科医院HP

ピックアップ

【しまむら】ならアディダスの子ども服が半額で買える!男の子ママ必見
「本物の鏡餅」に初挑戦!お飾り、カビ、おしるこ、橙、総力レポート
平日夜は週5でワンオペ!【しんどさ】を減らすためにやったこと
仕事終了後が本番!?平日19時帰宅のワンオペ育児ママの現実