太る原因は年齢で変化する!?年代別の最適ダイエットとは

太る原因は年齢で変化する!?年代別の最適ダイエットとは

以前はうまく痩せられたのに、同じダイエット法でも最近は効果が感じられない…ということはない? 実は、ダイエットは年代によって適した方法が異なってくるため、自分の年齢に応じてダイエット法を変えることがコツなのだとか。そこで、20代から50代の各年代ごとにどんなダイエットが適しているのか、ニホンドウ漢方ブティック薬日本堂 青山店の薬剤師・漢方相談員、岸直美さんに聞いてみた。

20代のダイエットはエネルギーの巡りを促すことを重視して

20代は気力も体力も充実していて、ダイエットの成果が現れやすい年代。運動によるダイエットも食事制限によるダイエットも成功しやすいけれど、だからこそ注意しなければならないのが、結果を追いすぎて無理なダイエットに走ってしまうこと。いくら体力があるとはいえ、穀類や肉類などを過度にカットしてしまうと、月経トラブルや冷え、不妊などを招いてしまうのだそう。決して無理はせず、栄養バランスのいい食事を意識して健康的にダイエットをすることが、30代以降の健康と美容のためにも重要なポイントなのだとか。

「本来、20代は規則正しい生活を送っていれば代謝がいい状態になるのですが、仕事や人間関係などのストレスが多く、その影響でエネルギーの巡りが悪くなって太りやすくなる傾向があります。そのため、20代のダイエットはエネルギーの巡りをよくしてストレスをためないことを意識するといいでしょう」(岸さん)

エネルギーの巡りをよくするためには、筋肉をよく伸ばす運動が効果的。ストレッチを習慣的に行うと、痩せやすい体質に改善しやすい。食事面では、ネギ、シソ、セロリ、タマネギ、ハーブ類、かんきつ類などをよく取ると、エネルギーの巡りがよくなってストレス太りを防ぐことができるはず。

30代は血行促進と冷え対策がダイエットの必須条件に

30代になると徐々に血行が悪くなりはじめ、その影響で体内に余分な老廃物がたまって太りやすくなってしまう。特におなかや腰回りに脂肪がつきやすくなり、ダイエットをしてもなかなか痩せられない…ということも。30代のダイエットを成功させるためには、血行促進が欠かせない条件になるのだそう。

「血行を悪くする原因で最も多いのは冷えなので、ダイエットをするならまずは冷えの解消をめざしましょう。入浴はシャワーだけですませずに湯船につかって体を温め、ショウガ、タマネギ、ニラ、ニンニク、スパイス類など、体を温める食材をよく取り入れることがポイントです」(岸さん)

運動面では、足腰をよく動かすことが血行促進につながるので、ウォーキングや軽めのジョギング、足腰を中心にしたストレッチなどが効果的。

一方、注意したいのは水を大量に飲むダイエットや、生野菜をたくさん食べるダイエット、穀類をカットするダイエットなど。これらは体を冷やしてしまうので、冷えが強い場合は不向きと言えそう。

関連記事:

ピックアップ

おうちスイーツも大充実!ワクワク感が止まらない【大丸東京店】バレンタインフェア情報2022
スターバックスからバレンタイン限定フードが登場。チョコレートを味わい尽くす「チョコレートフルケーキ」など
ジューシーなあまおうに、アボカドチーズクリーム!心踊るデニーズのいちごパフェ
フルーツのお花畑をイメージしたバラエティ豊かなコレクション「資生堂パーラー」【バレンタイン2022】