湘南でクラフトビールを造るブルーパブへ_MEETS SAKEBITO Vol.11

湘南でクラフトビールを造るブルーパブへ_MEETS SAKEBITO Vol.11

日本の酒が生まれる地を訪ねる連載「MEETS SAKEBITO」。今回訪ねたのは、涼しい風に潮の香りが混ざる秋の湘南。グッドバイブスに満ちたブルーパブにある、小さな醸造所が舞台です。

Vol.11 神奈川・茅ヶ崎市「バーバリックワークス」安藤佑一さん・永石卓宏さん

オーナーの安藤さん(右)は栃木県出身。10 代でアメリカに留学、帰国後は大手外食企業に勤めた後、湘南で独立。2016年、醸造所併設のバル「ゴールデンバブ」オープン。醸造長の永石さん(左)は佐賀県出身。JA の飲料部門や飲料メーカーを経て入社

写真の右側、豊かな髭がトレードマークの安藤さんは“パンチョ”の愛称で知られる名物オーナー。

2016 年、経営するバルにクラフトビール醸造所を併設する際、安藤さんの胸にあったのはちょっとした反骨心でした。

「ビールって、いつも既製品のソーセージと一緒に出てくるイメージでつまらない。もっとワインのようにたくさん選択肢があればいいのに」。長年飲食畑を歩みソムリエ資格も持つ安藤さん。

飲料メーカーから転職した永石さんとともに造り始めたビールは、どこかワイン的アプローチを感じさせます。

左上/柿や梅、苺など旬の地元産フルーツを使うビールも製造 右上/ 茅ケ崎駅近くの人気バル「ゴールデンバブ」に併設 左下/ 安藤さん曰く、「湘南は“東京近郊の海外”って感じ」。都会的だが肩の力が抜けた街の雰囲気が、2人の造るビールとマッチする 右下/バルでは常時10 タップ前後がつながっている

例えば、人工的なガス充填ではなく、自然に発生させる方法で炭酸ガスを付けたり、地元産フルーツと発酵中の麦汁を木樽に入れ、野生酵母の力を借りながら熟成させたり。

気付けば杯を重ねてしまうナチュラルな味わいは、料理の味も会話の流れも邪魔しません。トレンドは気にせず、自分たちが飲みたいビールをマイペースに造るのが2人の信条。

地元の常連客でにぎわうバルの中、今日も黄金色のビールが、愛すべき名バイプレーヤーとして存在感を放ちます。

「バーバリックワークス」で生まれたビール

ゴールドフィッシュボウル
710円(330ml)

トロピカルな香りとシトラス感、セッションIPAらしいクリアなのどごしが光るドリンカブルな1本。地元アーティストによるラベルもクール!

バーバリックワークス

TEL/0467-67-7916
住所/神奈川県茅ヶ崎市幸町23-21 ブリーゼ茅ヶ崎1F

※内部の見学は応相談。通常は「ゴールデンバブ」店内から様子を伺える

関連記事:

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

ピックアップ

桜舞い散るお花見スイーツ。ストリングスホテル東京インターコンチネンタル「桜いちごアフタヌーンティー」
農家さん直伝! 野菜の本当においしい食べ方~北九州・春菊~【連載エッセイ】
2/28までの限定!いちごとチョコの大人スイートなアフタヌーンティーをホテルのラグジュアリー空間で
桜といちごのスイーツで春めいて。コンラッド東京「桜ストロベリーの春色アフタヌーンティー」