楽園のような幻の浜を映す。サンゴ釉の美しい器/鹿児島県・与論町「ゆんぬ・あーどぅる焼」

楽園のような幻の浜を映す。サンゴ釉の美しい器/鹿児島県・与論町「ゆんぬ・あーどぅる焼」

ローカルに暮らすあの人が教えてくれる、町で生まれた手仕事もの(=民藝ちゃん)の話。今回は鹿児島県・与論島で作られる「ゆんぬ・あーどぅる焼」の器を紹介。20年近く与論島に通っているというフリー編集者の田辺千菊さんが、民藝ちゃんにまつわるローカルの物語をお届けします。

サンゴ釉の美しい青で描く、幻の浜に思いを馳せる

与論島には、大潮の干潮のときにだけ沖合に現れる「百合ヶ浜」という幻の浜がある。白い砂浜はサンゴでできていて、まわりにはグリーンからブルーにグラデーションしていく海が広がり、まさにこの世の楽園だと思った。この海に魅せられてしまった私は、もう20年近く与論島に通っている。島唯一の窯元「ゆんぬ・あーどぅる焼窯元」には、この百合ヶ浜をイメージした器がある。窯の名前は島の方言で、ゆんぬは「与論」、あーどぅるは「赤土」を意味し、島の自然素材を使った器作りに取り組む。

20年前は、サンゴの釉薬で作った器と聞いても、「きれいだな」としか思わなかった。ところが、取材で全国の窯元を訪れるうちに、ゆんぬ・あーどぅる焼の稀少さに気付き、改めて窯元を訪れてみた。作り手の山田幸子さんに話を伺うと、サンゴは焼いてから細かく砕いて釉薬にすること、割れやすい島の赤土を使うときは、鹿児島に送って粘土にしていたことなど、その手間ひまは想像以上。さらには、「灯油窯の煙突は台風のたび飛ばされちゃうのよ」と笑う山田さん。その朗らかさが明るい作風にも表れている。

また、島の人には「焼き」の響きだけでドーナツ屋と勘違いされたり、あーどぅるをヌードルと思い込んで訪れる人もいたとか(笑)。この器を見ると、美しい海とともにおおらかな島人のことも思い出し、優しい気持ちになる。

民藝ちゃんDATA

■教えてくれた人/田辺千菊さん
フリー編集者。旅雑誌やライフスタイル誌、相撲の専門誌まで、幅広い分野で活躍。奄美大島にも拠点を持ち、離島ライターとしても活動。年2回、与論島を訪れ、島人たちと交流する生活を10年以上続けている

■作った人/山田幸子さん
京都府出身。結婚を機に与論島へ移住。一時、島を離れて鹿児島にいた時代に陶芸を習う。1997年に与論島に戻り、「ゆんぬ・あーどぅる焼窯元」を開窯。島の自然素材を使った焼き物を制作

■買えるところ/ゆんぬ・あーどぅる焼窯元
TEL.0997-97-5155
住所/鹿児島県大島郡与論町古里909
営業時間/9:30~16:00
定休日/金(祝の場合営業)
※12月末日まで、期間限定で「代官山 蔦屋書店」で作品を販売中

関連記事:

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

ピックアップ

桜舞い散るお花見スイーツ。ストリングスホテル東京インターコンチネンタル「桜いちごアフタヌーンティー」
農家さん直伝! 野菜の本当においしい食べ方~北九州・春菊~【連載エッセイ】
2/28までの限定!いちごとチョコの大人スイートなアフタヌーンティーをホテルのラグジュアリー空間で
桜といちごのスイーツで春めいて。コンラッド東京「桜ストロベリーの春色アフタヌーンティー」