サバ缶入り納豆チャーハンで魚嫌い克服! ママ管理栄養士おすすめ15分レシピ

サバ缶入り納豆チャーハンで魚嫌い克服! ママ管理栄養士おすすめ15分レシピ

みなさんこんにちは。管理栄養士ライターのえのみほです。今回は、魚嫌いの方にもおすすめな、鯖缶入り納豆チャーハンのレシピをご紹介します。フライパン1つで完成し、チャーハンの中にご飯、魚、卵、納豆、野菜とたくさんの食材を詰め込んでいるので、これ一つで栄養バランスもバッチリです。納豆を使うことで味付けも簡単に決まり、調味料を何回も計ったりする手間もないので失敗知らず!

サバ缶入り納豆チャーハン

【材料】(2~3人分)

卵 1個

サラダ油 (卵用 小さじ2、チャーハン用小さじ2)

にんじん 1/3本

ほうれん草(冷凍) 50g

ご飯 400g

サバ缶 1缶(160g)

鶏がらスープの素 小さじ2

納豆 1パック(タレも含む)

ピザ用チーズ お好み量

【作り方】

1.フライパンに油を入れます。といだ卵を中火で半熟状に炒め、一度取り出します。

2.フライパンをさっと拭き、油を引いて、千切りにしたにんじんとほうれん草を炒めます。

3.野菜に火が通ったら、ご飯と水気を切ったサバ缶・鶏がらスープの素を入れ、よく炒めます。

4.タレを入れて混ぜた納豆と(1)の卵・チーズをフライパンに入れ、チーズが溶けるまで炒めます。

5.皿に盛り付け、青ネギをのせたら完成です。

ご飯プラス納豆で魚の苦手を克服!

普段お子さんが魚をあまり食べてくれないとお悩みの方は多いのではないでしょうか。独特の生臭さやパサついた食感など、魚に苦手意識があるお子さんにおすすめな今回のレシピ。

サバ缶をチャーハンに混ぜ、納豆を加えることで魚臭さをカバーし、チーズ、卵などお子さんが好みそうなもので食べやすい味、食感に仕上げています。またサバ缶を使うことで、普段残しがちな骨や皮までまるっと食べられますよ。

魚の面倒な下処理なども必要なく、フライパン1つで完成するので、洗い物の手間も省けます。

関連記事:

ピックアップ

常温保存できる惣菜シリーズ!賞味期間が1年に
お祝いにカップブーケサラダ♪ ミニトマトを使った映えレシピ
便利な「たれ」でビビンバやガパオのホットプレートごはんが簡単に!
牛肉を原始炭火焼き!囲炉裏でじっくり焼き上げる