ダイレクトボンディングのメリット・デメリットを詳しく教えて!

ダイレクトボンディングのメリット・デメリットを詳しく教えて!

むし歯の治療だけでなく、変色した歯を綺麗にしたり、歯の形を整えたりする場合に有効な「ダイレクトボンディング」。そのメリット・デメリットについて、「坂寄歯科医院」の三木先生に解説していただきました。

三木 雄斗

監修歯科医師:
三木 雄斗(坂寄歯科医院院長)

日本歯科大学新潟生命歯学部卒業後、新潟大学医歯学総合病院歯周病科にて勤務。その後、2017年12月に「坂寄歯科医院」の院長就任。取手市で3代続く歯科医院として地元の人の信頼を集める。「丁寧な説明」と「精密な治療」を二つの柱に、医療スタッフ自らが、「自分や家族に受けてほしい」と思えるような医療を提供している。日本メタルフリー歯科学会認定医。日本顕微鏡歯科学会、日本歯科保存学会の各会員。

見た目が美しく、自然の歯のように修復することができる

見た目が美しく、自然の歯のように修復することができる

編集部

「ダイレクトボンディング」とは、どのような治療なのですか?

三木先生

ダイレクトボンディングは、多種類の審美修復用プラスチックを直接お口の中で盛りつけて、天然歯のように美しい色調や本来の歯の形態を回復させる治療法のことです。なお、広い意味では保険適用の「コンポジットレジン修復」もダイレクトボンディングに該当しますが、今回は自費のハイブリットレジンを使用した「審美的ダイレクトコンポジットレジン修復」に絞って説明させていただきます。

編集部

わかりました。どのような特徴があるのでしょうか?

三木先生

一番の特徴は「見た目が美しく、自然の歯のように修復することができる」という点です。例えば当院では、色や透明感の異なる約10種類のプラスチックの中から、それぞれの歯に合わせて選んだ3~4種類のプラスチックを重ね合わせていきます。このような方法を用いることで、従来の治療では困難であった自然な歯を再現できるようになりました。

編集部

人工的な被せ物とは思えないほど、見た目が自然ということでしょうか?

三木先生

天然の歯は、「明るく透明感のあるエナメル質」と「色が濃く透明性の低い象牙質」、「神経や血管がある不透明な赤色の歯髄」の3種類の構造から成り立っています。しかし、従来の詰め物に使用していた歯科用プラスチック(レジン)では、このような歯の複雑な質感を再現することが困難でした。ところが近年、透明感や色調が豊富に揃った審美修復用プラスチックが開発され、多数の色調を塗り重ねていくことで、天然歯のような不自然のない歯を再現できるようになったのです。

歯科医師の腕によっても左右される

歯科医師の腕によっても左右される

編集部

そもそも、むし歯を削った後の被せ物には、どのような種類があるのですか?

三木先生

むし歯の進行度合いにもよるのですが、軽度のむし歯であればプラスチックの詰め物で修理することができます。しかし、むし歯が進行すれば、型取りをして作った詰め物(インレー、アンレー)で修理したり、型取りして作った被せ物(クラウン)で修理したりする必要があります。

編集部

これらの中で、ダイレクトボンディングはどの治療に相当するのでしょうか?

三木先生

基本的にダイレクトボンディングはインレー 、つまり、詰め物に相当します。というのも、ダイレクトボンディングが適応できるのは、基本的に小さなむし歯に限られているのです。大きなむし歯になると、詰めても長年使用すれば隙間ができてしまい、新たなむし歯や歯周病の原因になりかねません。ただし、最近ではダイレクトボンディングで使用する材料が進化していますし、どの範囲までダイレクトボンディングが適応できるかというのは、歯科医師の考えに左右される部分が大きいので、実際の適応範囲はますます広がっていると考えられます。

編集部

そのほか、ダイレクトボンディングはどういった状態に有効ですか?

三木先生

すでに銀歯が詰められている場合、その銀歯を取り除いて天然歯のように美しくすることができます。また、「一部変色してしまった箇所を白くしたい」、「前歯の隙間があるので埋めたい」、「歯の形を整えたい」などにも有効です。

編集部

反対に、ダイレクトボンディングにはどのようなデメリットがありますか?

三木先生

ダイレクトボンディングでは型取りをおこなわず、歯に直接、プラスチックを詰め込んでいくため、歯科医師のテクニックによって仕上がりが大きく異なります。また、ダイレクトボンディングは、すべての歯に適応できる治療法ではないこともデメリットと言えるでしょう。プラスチックはセラミックと比べると強度が劣るため、奥歯などの強い力が掛かる部位には向いていませんし、治療する面積が広すぎる場合も基本的には適応外となります。ただし当院を含めて、ダイレクトボンディングの治療を積極的におこなっている歯科医院は、奥歯でもダイレクトボンディングを使用することがあります。ご自分の歯がダイレクトボンディングの適応範囲かどうかは、相談するといいでしょう。

関連記事:

ピックアップ

2型糖尿病で内視鏡後大腸がんリスクが44%増加
「ニキビには漢方薬が効果的」の噂を皮膚科医に直撃。根本原因に働きかけられるのが特徴
健康診断のC判定はチャンスとして活用すべし! 再受診するべき理由とは
~実録・闘病体験~ 難病の赤ちゃんと過ごした10カ月に及ぶ入院生活《ヒルシュスプルング病》