秘密保持契約書の作り方と雛形の利用方法【雛形無料ダウンロード可】

秘密保持契約書の作り方と雛形の利用方法【雛形無料ダウンロード可】

秘密保持契約書を作らなければならない。いい雛形はないかな……。

この記事をお読みの方の中にはそのようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際、他社に業務や開発を依頼するにあたって、自社の秘密情報を相手方に提供しなければならないこともあるでしょう。

例えば以下のような場合です。

  • スマートフォンアプリ販売のためのアプリ開発を、開発者に依頼するにあたり、その開発者に対して自社の情報を開示する場合
  • 自社で販売する製品の研究開発・発明を、他社に依頼するにあたり、その他社に対して自社の情報を開示する場合
  • 自社の業務の一部を他社に委託するにあたり、その他社に対して、自社の情報を開示する場合
  • ホームページの制作を他社に依頼するにあたり、その他社に対して、自社の情報を開示する場合
  • 今後の事業展開に関連して市場調査を他社に依頼するにあたり、その他社に対して自社の情報を開示する場合

以上のような場合に気をつけなければならないのは、提供した秘密情報が漏洩することによって、自社が損害を受けないようにすることです。

この事態を予防するには、相手方が秘密保持義務を負うことを内容とする秘密保持契約書を作成することが有効です。

秘密保持契約書はポイントを押さえた上で、契約の内容ごとに適切に作成するべきでしょう。

今回は、一方が秘密保持義務を負う場合の秘密保持契約書の雛形をダウンロードできるようにした上、その書き方について掲載しました。

1、秘密保持契約書作成の流れ

まずは、秘密保持契約書の作り方の流れをみていきましょう。

(1)秘密保持契約の内容について話し合い

最初に秘密保持契約書の内容について話し合いましょう。話し合う内容としては以下のような点をおさえておきましょう。

  • 秘密保持義務を負う秘密の内容は?
  • 秘密保持義務を負うのは一方か双方か(今回は一方のみが秘密保持義務を負うケースについて書いていきます。)?
  • 秘密情報を扱うために秘密保持義務を負う範囲は(従業員や役員のみか?顧問弁護士や顧問税理士も含まれるか?)?
  • 秘密保持義務を負う期間は?
  • 情報が漏洩された場合の損害賠償金額の予定は?
  • 情報が漏洩された場合の差し止めについては?
  • 秘密保持義務が守られているかの確認方法については?
  • 秘密保持契約終了後の秘密情報の扱いについては?

(2)秘密保持契約書の作成

話し合いの内容をもとに秘密保持契約書の作成作業に入りましょう。 このとき、「どちらが契約書を作りますか?」という話になるかと思いますが、契約のイニシアティブを取って有利な契約書を作成するためにはこちら側で作成するようにした方がいいでしょう。

(3)相手方にて契約書の内容に問題がないかの確認と修正

作成した契約書の内容に問題がないか相手方に確認してもらいましょう。

もしもここで相手方に修正を求められたら、修正を求められた部分について、もう一度相手方と話し合い、契約書の内容を確定させましょう。

(4)作成した秘密保持契約書を製本する

作成した秘密保持契約書を製本する作業に入りましょう。ポイントは以下の2点です。

①契約書は2通作成しましょう!

契約書は1通でも法律上有効な契約となりますが、トラブルが起きた時のために当事者双方が持っていた方がよいでしょう。2通作成し1通ずつ保管しておきましょう。

2通作っておくことで「勝手に加筆修正される」というリスクを回避することができます。

②契約書が2ページ以上になる場合には契印を押しましょう

また、契約書が2ページ以上になる場合には、契印を押す必要があります。

契印とは、契約書が2ページ以上にわたる場合にその文書が一連一体の契約書であるとして差し替え等を防ぐために各ページのつなぎ目に押印するものです。

製本できたら2通それぞれに署名・押印をしましょう。

(5)相手方に署名・押印してもらう

最後に、相手方にも2通それぞれに署名・押印してもらいましょう。

その上で、双方で1通ずつ持っておくようにしましょう。

2、秘密保持契約書の雛形ダウンロード

秘密保持契約書作成の流れを把握したら、いよいよ秘密保持契約書の作成作業に入りましょう。

とはいえ、一から秘密保持契約書を作成するのは手間でしょう。

そこで、秘密保持契約書(一方的に情報を開示する場合)の雛形をご用意しました。下記よりダウンロードして下さい。

秘密保持契約書(一方が秘密保持義務を負う場合)の雛形のダウンロードはこちら

関連記事:

ピックアップ

不倫が相手の奥さんにばれた!悲惨な末路を避けるための対処法とは
相続税の非課税制度について知っておくべき重要な5つのこと
相続税の基礎控除とは?相続税で損しないための4つのこと
相続財産の評価を適切に進するために必要な6つの知識