フランチャイズ契約とは?加盟店になる前に知っておくべき5ポイント

フランチャイズ契約とは?加盟店になる前に知っておくべき5ポイント

サラリーマン生活から足を洗い、新しい人生を歩みたい。

そう思って踏み出したフランチャイズの世界。

広告やメディアから流れてくるニュースでは、フランチャイズ本部とのトラブルが報じられることもあり、フランチャイジーとして加盟店契約をする際に気をつけるべきことはなんなのか、気になっているのではないでしょうか。

そんなあなたのために、このページでは、

  • 加盟店となるための基本的な心構え
  • フランチャイズ契約書の勘所

など、加盟店になる前に知っておくべきことをベリーベスト法律事務所の弁護士がわかりやすく紹介します。

ご参考になれば幸いです。

1、そもそもフランチャイズ契約とは

フランチャイズ契約とは、どのようなものでしょうか。

独立開業等の他の経営形態と、どこが違うのでしょう。

以下、簡単に確認しておきましょう。

(1)フランチャイズ契約の定義

フランチャイズ契約とは、一般に次のような事業形態とされています。

  • 本部が加盟者(フランチャイジー:出店後の店舗は「加盟店」)に対して、特定の商標、商号等を使用する権利を与えるとともに、加盟者の物品販売、サービス提供、その他の事業・経営について、統一的な方法で統制、指導、援助を行う
  • 加盟者は、これらの対価として本部に金銭(加盟金・ロイヤルティ等)を支払う

フランチャイズ取引では、基本的にこれらの契約内容が取りまとめてパッケージ化されており、加盟するには、そのパッケージ契約を受け入れるかどうかだけ決めることになります。下の図で、まずイメージをつかんでください。

(定義の参考情報及び図解の出典:中小企業庁「フランチャイズ事業を始めるにあたって」

(2)独自開業その他の経営形態との違い

フランチャイズ契約を理解いただくために、他の類似の経営形態との違いをご説明します。

①独自開業

独自開業では業種・業態を決める、店舗・サービスの方向性を決める、開業に必要な資金を算出する等をすべて自分で検討して、決定する必要があります。その分、独自性のある店舗を作ることができるといえます。

一方、フランチャイズ契約の場合は、「業種・業態」、「店舗サービスの方向性」について、本部から情報がパッケージ化されて提供されます。加盟者としては、どのフランチャイズを選ぶかだけを決めれば良いことになります。開業資金の算出も、本部で参考情報を提供してくれます。

②代理店

代理店商品の販売等を委託契約によって受託する営業形態です。

本部が、加盟者との契約で一定の地域内の販売権や商標の使用権を与え、商品・サービスを供給するものです。

フランチャイズ契約と異なり、契約内容は、商品の販売に関する必要項目のみです。本部から代理店への指導は、継続的には行われず、販売方法等の規制も緩やかです。ロイヤルティ等は徴収しないのが一般的です。

代理店側は、同時に数社の商品・サービスを扱うことが可能になります。

③直営店(レギュラーチェーン) 

本部が資本を出し、直接の指示や命令を行う形態です。本部そのもののお店です。

これに対し、フランチャイズでは、加盟者自身が資本を出し、経営についての最終的な決定権を持ちます。

④ボランタリーチェーン

ボランタリーチェーン一店舗では弱い独立小売店が、経営の独自性を保ちながら、仕入、販売促進活動を共同化して、規模の利益と分業の効率性を得ようとするチェーン組織です。要するに、店舗側が寄り集まってチェーンを作るものです。

2、フランチャイズ加盟店となるための基本的な心構え

あなたが、実際に加盟店として出店するなら、まず、基本的な心構えが必要です。

(1)独立した事業者

フランチャイズ契約は、加盟店と本部が独立した事業者として、対等の立場で締結するものです。独立した事業者としての自覚を持って契約する必要があります。

(2)事業者としてのリスクがある

事業が軌道に乗るまでには、一定の時間がかかります。事業がいつまでも軌道に乗らなかったらどうなるか、そんなケースも想定して検討しなければなりません。

事業が成り立たず、契約を解除しようとして、予想外の出費なり、負担が生ずることがないのか等、契約解除の条件等は必ず把握してください。

(3)フランチャイズ事業の内容を十分検討すること

フランチャイズ契約は、本部が用意した事業内容を加盟店が受け容れ、契約期間が比較的長期にわたることが通常です。

事業内容について、しっかり検討してください。契約締結前に、既存の加盟店から話を聞いてみるとか、専門家等からアドバイスを受ける事等も大切です。

(4)本部の説明を受ける際のチェックポイント

契約書のチェック等、詳細は次項でご説明しますが、本部からの説明を受けるに当たって、次のポイントもしっかり確認してください。

①経営理念のチェック

本部の経営理念に賛同できるかどうか、ご自身が消費者として利用したいと思うかどうか、といった視点でチェックしてみてください。

②立地や商圏をチェック

フランチャイズ契約上のトラブルでもっとも多いのが、本部の売上予測や経費予測の説明と現実の乖離です。主な要因は、立地環境や商圏についての評価です。

自らも、立地や商圏について検討・調査しましょう。現地を曜日や時間帯を変えて、幾度も往訪する等は当然必要です。テリトリー権の有無、内容についても確認しましょう。

③収益予測のチェック

本部から示された売上予測については、納得がいくまで説明を求めましょう。予測の基礎の来店者数、売上高、商品構成等、具体的な説明を求めます。同業他社のフランチャイズ本部の予測値と比較したり、近いエリアの既存店から話を聞いたり等、慎重な検討が必要です。

また、必要経費はどれくらいか、ご自身で現実に近い数字を事前に算出しておきましょう。自分で算出する収益予測は、あくまで保守的に見積もります。売上を最小に、必要経費は最大に見積もることです。

開業後に売上が上がらなかった場合等に経営破綻に陥らないよう、投資金額や借入金額には十分留意しましょう。

関連記事:

ピックアップ

相続放棄について|兄弟の借金を背負わないための5つのこと
相続放棄すると子が代襲相続?トラブルを避けるために注意すべきこと
相続放棄の費用について押さえておきたい6つのこと
相続放棄は相続人全員がしてもいい?相続放棄の注意点7つ