もっちり美肌は自分でつくれる!プロが実践するスキンケア術

美容ライターの古賀令奈です。「肌がパサパサする」、「人気の美容液を取り入れてみても、いまいちパッとしない」そんなお悩みがある方は、アイテムよりもまずお手入れの方法を見直してみてください。今回は、コスメ&メイクライターの筆者が実践しているスキンケア術をご紹介します。

素肌のまま放置はNG、「即保湿」を徹底して

もっちり肌をつくるには、洗顔後のケアが鍵を握ります。洗顔直後の肌はとても乾燥しやすい状態のため、できるだけ早く保湿をしてください。

洗顔後やお風呂上がりは、素肌のままでいる時間がないように即保湿を。筆者は軽く水分を拭き取ったら、何よりも先に導入美容液と化粧水をつけるようにしています。

最初にこれだけしておくと、あとは服を着て髪を乾かしてからでもゆっくりスキンケアの続きができます。

迅速なケアによって肌が乾燥しにくくなるので、徹底することをおすすめします。

化粧水は少量ずつ数回に分けてなじませる

化粧水は一度の塗布で済ませず、少量ずつ数回に分けてじっくりなじませてみてください。

一度でさっと塗りのばすだけだと肌に浸透しにくいですが、数回じっくり浸透させることで水分をたっぷり含んだような肌に整います。

もっちりとした肌に仕上げるなら、コットンよりも手で塗るのがおすすめです。なじませるときは、手のひらで肌をそっと包み込んでやさしく押し込みます。

目の下やシワが気になる部分は、指の腹を使ってなじませてください。

関連記事:

ピックアップ

トレンドだからってそのメイクちょっと待って!抜け感を狙いすぎて残念見えする!NGメイク3選
混ぜて焼くだけ!グルテンフリーの低糖質チーズケーキ
【連載】仕事でも家でも「これよろしく!」が言えない…!中堅サラリーマンの苦悩
【ALL GU】ゆるシルエットが旬♡デニム×カーディガンでつくるリラックスカジュアルコーデ