国産米麺フォー専門店 「COMPHO」がおうちで気軽に食べられるフォーを販売開始

フォー専門店「COMPHO(コムフォー)」が、12月15日(水)よりCOMPHO各店でおうちで食べられるフォーの販売をスタートした。

自宅で簡単に調理できる

都内に9店舗展開する、フォー専門店「COMPHO」が、おうちで楽しめるフォーを開発した。同商品は12月15日(水)より各店で販売を開始している。

第一弾は、店舗でも人気の「鶏だしスープのフォー」。インスタントラーメンのように簡単に自宅で調理できるのがポイントだ。

食品添加物不使用でグルテンフリーのフォー

COMPHOのフォーは、食品添加物不使用のグルテンフリー。スープも食品添加物使用なし、化学調味料使用なしにこだわっているので、子どもも安心して食べることができる。

同商品では、美味しい米麺に欠かせないアミロース分を多く含んだ上越の特産品種『亜細亜のかおり』を使用。ごはんのお米よりも、タイ米などの長粒種米よりも、米麺に適したアミロース分の高い品種改良品となっている。

また、一般的に米をすりつぶした粉を練って押し出す製麺法とは異なり、米汁を炉で蒸し、シート状にカットした麵は、水分保持量が均質で調理後も「もちもち」「つるしこ」が続くのが特徴だ。

さらに、日本では、つなぎを多く使用した乾麺が主流だが、お米の麺はアレルゲンもなく消化吸収がよく小麦麵よりも低カロリー。つなぎを使わないグルテンフリーの米麺を実現している。

ピックアップ

マリアナ政府観光局が観光客誘致を本格再開!成田-サイパン線が9月より運航開始
SUNSET BEACH PARK INAGEにて、サクレ初の屋外フェスタ「サクレ夏フェスタ2022」開催
「アリエール部屋干しプラス」が5年ぶりに大改良!煮沸レベルの消臭力にパワーアップ
全ファンデーション対応!毛穴や色ムラを均一にカバーするメイクブラシが新発売