こどもが未来の防災を考える

こどもが未来の防災を考える

先生は防災教育の「担い手」であり「つなぎ手」でもある ※

防災と言えば、災害と防災の知識を持つ大人がこどもたちを指導するのが一般的です。学校の授業の一環で消防施設や防災センターに行って実習したり、学校に講師を招いて勉強したりします。この場合、先生方の役割は専門家や専門施設とこどもたちを出あわせる「つなぎ手」です。こどもたちと地域を歩いてマップを作る時も、こどもたちを地域の人々につなぎます。
「つなぎ手」には2種類あると思います。一つは、先生が主として防災の授業を担当するけれども、時にはこどもたちに防災体験をさせたり専門家の講義を聞かせたりする方法です。いわゆる数時間から(時には数十時間から)なる「単元」を作り、先生が主導しながらも、先生の授業を補完し、あるいはアクセントを与えるために、時には先生以外の人の授業の機会を作るのです。授業をしている先生は防災教育の「担い手」ですが、時として「つなぎ手」になるのですね。
もう一つは、全部専門家に任せる方法です。いわゆる「丸投げ」です。こうなると、学校に防災教育が育たない、というのが私の主張です。やはり、「担い手」は先生方です。専門家と協働しながら、一緒に一連の授業(単元ですね)を作っていけば良いのです。

※文部科学省 防災教育支援に関する懇談会 中間とりまとめ
「−「生きる力」を育む防災教育を支援する−」 平成19年8月27日

避難の時に気を付けたい。小学生が気づいたポイント

そんな「担い手」が頑張っている小学校に呼ばれました。年間を通して防災を学んでいるこどもたちが、「避難」をテーマに実際に地域を歩いて考えたことを発表してくれました。こどもたちは、高齢者、障害者、妊婦、外国人など、災害時に支援を必要とする人の立場で地域内のある場所から学校(避難所)まで歩き、その時の発見を発表してくれました。 
「高齢者は足腰が弱いので、急な坂や階段を避けて歩きやすい道を選ぼう。」
「妊婦は長い距離を歩くのが大変だ。途中で少し休憩する場所が欲しい。」
「全盲の人は地震で道路に段差ができたり、通り慣れた道が倒壊家屋やブロック塀に塞がれると、転んだり道が分からなくなったりする。2人以上で一緒に歩いて、足元の情報を伝え続けたい。」
「外国人は日本語ができないこともある。ジェスチャーで話したり、優しい日本語を使ったりしたい。」
「車椅子の人は、段差などで苦労する。一緒に歩きながら、足元と周りの情報をしっかりと伝えたい。」
小学校4年生が、自分が要援護者の立場になって避難経路を歩いた結果、発見したことです。いい視点だと思いませんか。日頃からこんな防災教育を継続していきたいものです。

関連記事:

ピックアップ

先進的な海外の避難所に学ぶ!地域に生かす避難所運営(後編)「トイレ・ベッド」
先進的な海外の避難所に学ぶ!地域に生かす避難所運営(前編)「食事」
SDGsと防災教育 ~ トイレ
LOVE FOR NIPPON 東日本大震災から11年の取り組み (後編)