【酸素系漂白剤の正しい使い方】洗濯・掃除に大活躍、粉末と液体では成分も違う!

【酸素系漂白剤の正しい使い方】洗濯・掃除に大活躍、粉末と液体では成分も違う!

酸素系漂白剤は単に漂白するためのものだと思っているかもしれませんが、実はさまざまな用途があります。ですが、どんなときに使い、どんな効果があるのか、よくわからない人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、酸素系漂白剤の特徴と正しい使い方を解説していきます。

酸素系漂白剤とはどんな洗剤?

酸素系漂白剤には粉末タイプと液体タイプの2種類があります。名前は同じでも実は成分がまったく異なり、使い方にも違いがあるため目的によって使い分けなければなりません。
では、それぞれの特徴とほかのアルカリ性洗剤との違いを見ていきましょう。

粉末タイプの酸素系漂白剤

(画像出典)PIXTA

粉末タイプの酸素系漂白剤の主成分は過炭酸ナトリウム。アルカリ性で水に溶けやすいのが特徴です。お湯に溶かすことで発生する酸素の泡で汚れを分解してくれます。

液体タイプよりも漂白力が高く、掃除と洗濯に使えます。但し、ウールやシルクなどの天然タンパク質繊維でできた素材に使ってしまうと素材そのものにダメージを与えてしまうため、こういった素材の洗濯での使用は避けてください。
塩素系漂白剤のようにツンとしたニオイがないため、キッチンの漂白剤としても安心です。カビ取りや油汚れにも強く、除菌や消臭効果があります。

酸素系漂白剤としては「オキシクリーン」や「シャボン玉・酸素系漂白剤」が有名です。

液体タイプの酸素系漂白剤

(画像出典)PIXTA

液体タイプの酸素系漂白剤の主成分は過酸化水素。粉末タイプがアルカリ性なのに対し、液体タイプは弱酸性です。そのため、皮脂や油汚れは落とせません。
掃除には不向きで、洗濯物のシミやくすみを取るために使います。弱酸性ですから、粉末タイプでは使えないウールやシルクの洗濯にも使用可能です。
名称が似ている塩素系漂白剤と間違えやすいので、購入する際は表示を必ず確認しましょう。

重曹やセスキ炭酸ソーダとの違い

粉末の酸素系漂白剤は重曹やセスキ炭酸ソーダと同じアルカリ性です。この3つの違いはpH値の度合い。アルカリ度の強さは酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)>セスキ炭酸ソーダ>重曹となっています。
それぞれ得意分野があるため、汚れに合った使い分けをしましょう。

重曹 研磨作用、消臭 鍋の焦げつき、茶シブ、まな板のニオイ
セスキ炭酸ソーダ 油や皮脂の汚れ落とし、ヌメリ取り、消臭 コンロや換気扇の掃除、プラスチック容器のヌルつき、冷蔵庫の掃除
酸素系漂白剤(粉末) 漂白、除菌、消臭 衣類の漂白、食器の漂白、排水口の掃除、茶シブ
関連記事

大掃除の時期になると、ネットや雑誌などで紹介される「重曹」「クエン酸」「セスキ炭酸ソーダ」。ちょっと気になりますよね。けれども、実際にやろうとしても、どこに何を使ったらいいのか分からない方も多いと思います。

キッチンは食べ物を扱うの[…]

重曹・クエン酸・セスキ炭酸ソーダの違いとは?使い分けしてお掃除上手になろう

酸素系漂白剤(粉末タイプ)の用途

(画像出典)PIXTA

粉末タイプの酸素系漂白剤は、お湯で溶かして使うのが一般的です。50度ほどのお湯がもっとも効果を発揮します。
掃除と洗濯に使えるため、用途はさまざま。それぞれの使い方を見てみましょう。

掃除

酸素系漂白剤はお湯に溶かして「つけ置き」に向いています。

キッチン

シンク、排水口の掃除、ふきんや食器の除菌・漂白に。

お風呂

風呂釜に酸素系漂白剤を入れたお湯を追い焚きし、浴室小物を入れて2〜3時間放置するだけ。軽くこすれば簡単に汚れが落とせます。

洗濯槽

洗濯槽に酸素系漂白剤を500gほど入れてお湯を高水位まで溜めます。2時間ほど放置したあと、通常コースで運転すれば洗濯槽の石鹸カスやカビがキレイになります。

洗濯

酸素系漂白剤は洗濯にも使えます。使い方は2通り。

通常の洗濯

洗濯洗剤を使用して洗濯するときに、さらに大さじ1杯ほどの酸素系漂白剤を加えて洗濯機を回します。
酸素系漂白剤だけを使っても洗浄効果は期待できません。洗濯洗剤と併用することで、通常の洗濯よりも黄ばみや黒ずみが落ちやすくなります。

染み抜き

2Lのお湯に大さじ2杯の酸素系漂白剤を投入し、30分ほどつけ置きします。ひどい汚れの場合は1時間以上つけておくのがおすすめです。その後、通常どおり洗濯すればキレイになります。

関連記事:

ピックアップ

調味料で本格的に!インドネシア・ナシゴレンのレシピ #世界の料理
【フィリピン・トゥロンのレシピ】絶品バナナの揚げ春巻き! #世界のお菓子
キットカットでチョコバナナパイ #aiさんのリメイクレシピ
【ペルー・トゥロンのレシピ】フルーツシロップでとろ~り!カラフル可愛い!#世界のお菓子