PMTCとは?どんな効果があるの?#歯科衛生士の歯の教室

PMTCとは?どんな効果があるの?#歯科衛生士の歯の教室

歯の形は複雑なので、毎日歯磨きをしていても細かい汚れが残ってしまいがちです。
歯科医院で行う“PMTC”は、汚れを取ってキレイにするだけでなく、健康な歯を維持するためのもの。とはいえ、どんな処置でどんな効果があるのかよくわからない方もいると思います。
そこで今回は、PMTCについて詳しく解説していきます。

PMTCは予防歯科のプログラムの一部

(画像出典)PIXTA

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaning(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)の略語。

  • 歯科医師や歯科衛生士などの専門家(プロ)が
  • 機械(メカ)を使って
  • 歯(トゥース)の
  • 清掃、研磨(クリーニング)をする

という意味です。
PMTCはただ単に歯の掃除をするのではなく、専門家である歯科医師や歯科衛生士が、口内のリスクや問題点を把握して、最適な方法でケアするものです。
PMTCは、歯の健康を維持するのに欠かせない処置であり、歯を細菌から守る予防効果が高いことから、予防歯科のプログラムの一部として組み込まれています。

PMTCの効果

(画像出典)PIXTA

PMTCには、次のような効果が期待できます。

虫歯・歯周病予防

PMTCに虫歯や歯周病の予防効果があると言われている理由は、歯垢を除去できるからです。歯垢は現代では、バイオフィルムとも呼ばれますが、歯の表面についている細菌の集合体。歯に残っていると少しずつ菌を増やしながら成熟していくのが特徴です。

特に、歯と歯の間や歯茎の溝などは歯垢が残りやすく、虫歯や歯周病になりやすい部分。そして、歯に長く残っている歯垢は、歯の表面にこびりついてネバネバしてくるので、歯磨きでは落としにくくなります。
PMTCは、専用の機器で歯茎や粘膜などの組織を傷つけずに歯垢を除去し、歯垢や着色が付きにくい状態にするため虫歯や歯周病予防に効果的なのです。

口臭予防

口臭の原因のほとんどは、歯垢に存在する細菌が出すガスだと言われています。細菌の中でも特に歯周病菌は、野菜が腐ったような強烈なニオイのガスを出して、そのニオイがそのまま口臭になるのです。
PMTCでは、歯垢や食べかすを効率的に除去し、ニオイの原因を取り除くため、口臭を防ぐ効果があります。

自然な白さになる

PMTCでは、歯の表面に付いている汚れや着色を効率的に落とせます。歯磨きでは取れないコーヒーや紅茶、赤ワインなどの飲食物の着色、タバコのヤニまでキレイに落として、本来の歯の白さを取り戻していきます。
また、PMTCで使用する薬剤は、歯の表面をコーティングしてステインやヤニなどが付きにくくする効果があります。

歯の質の強化

歯の表面は、食事や歯磨きなどで凸凹になっていきます。歯の表面に凸凹があると汚れや歯垢が入り込みやすく、細菌が増殖し虫歯や歯周病を引き起こす可能性が高いです。
PMTCでは、歯の再石灰化を促すフッ素入りのジェルで歯の凸凹を埋めて表面をツルツルにし、歯垢や汚れが溜まりにくく、虫歯ができにくい強い歯にしていきます。

関連記事:

ピックアップ

調味料で本格的に!インドネシア・ナシゴレンのレシピ #世界の料理
【フィリピン・トゥロンのレシピ】絶品バナナの揚げ春巻き! #世界のお菓子
キットカットでチョコバナナパイ #aiさんのリメイクレシピ
【ペルー・トゥロンのレシピ】フルーツシロップでとろ~り!カラフル可愛い!#世界のお菓子