King&Prince・永瀬廉、「謝らないといけないこと」告白でファン衝撃の事実が発覚


衝撃告白の永瀬さん(C)サイゾーウーマン

 King&Prince・永瀬廉がパーソナリティを務めるラジオ番組『King&Prince 永瀬廉のRadioGARDEN』(文化放送)。1月6日の放送回では、公式携帯サイト「Johnny’s web」内の個人連載『ながせのつぶやき』に書いた内容が、永瀬の“妄想”だったことが明かされ、ネット上のファンが衝撃を受けている。

 新年一発目の放送ということで、オープニングでは「明けましておめでとうございます」と挨拶したが、実家に帰る余裕があった昨年と違い、今年は三が日くらいしか休みがなかったのだとか。そして、今年のグループ目標には「ライブがしたい。より多くのファンの人と会いたい」を挙げ、個人的には「2021年はいろんな作品をさせていただいたので、(今年も)1個くらい何か新しい作品に携われたらな」と語った。

 また、この番組としては、先輩やメンバー、同期のなにわ男子・西畑大吾やAぇ! group・正門良規など「仲良い人を呼ぶ」ことが目標とのこと。

 そして、昨年は「噛まない」ことを目標としていたが、「2021年の1年間で永瀬が何回噛んだかをリストアップして数えた」というリスナーから「2021年1月7日~12月5日まで、47回の放送中75回でした」と結果報告が寄せられると、「少ない!」「3桁いってない! いやいやすごい!」と喜び。「興奮すると噛みやすい」という特徴も明らかになった。

 しかし、「7月初めから11月18日までの5カ月間の“噛み数”を数えた」という別のリスナーからは「約203回も噛んでいました」との報告が届き、これに永瀬は「嘘つけ!」と即座に否定。「そもそも噛んだかどうかは人によって判定が違う。俺が噛んでないカウントもしちゃってる」「5カ月ですよ? 計算すると1回の放送で10回噛んでますから、僕。そんなバカな」と弁明。

 ただ、最初のリスナーが数えた「噛んだ回数75回」には、内心「こんだけやっけ?」と思ったことを正直に告白。とはいえ、「203回」という数字には「だいぶ盛りすぎよ(笑)」と爆笑していた。

 その後は、「最近、ブログでみかんの話題が多いですね」「廉くんはどんなみかんが好きですか?」と質問を紹介。すると、永瀬は「ツッコまれると思った。みかんの話しすぎてるなっていう中で、ちょっとさ、謝らないといけないことがあるのよ」と切り出し、11月頃の個人連載『ながせのつぶやき』で「みかんが美味しい」と最初に投稿した内容について、「正直言うと、そのときまだ1個もみかん食べてなかったんですよ」と告白。

 「あまりにも書くことがなさすぎた」のが理由だというが、「みかんのことを考えてたら、食べてる気になっちゃって勝手に。口の中からおいしい味がしちゃって」とまさかの“妄想”だったことを明かし、「あの……エアみかん! エアみかんできるんですよ、僕、実は。あまり言ってこなかったんですけど」と、驚きの言い訳。

 あくまでも「嘘ついてたわけではないんですよ。だって味したもん。あの時の俺、食べてましたから、もはや」と、嘘ではないことを強調し「申し訳ない」と謝罪していた。また、エアみかん以降もブログにはみかんの話題が何回も登場していたが「11月後半からは本当にちょくちょく食べてた」と弁解していたのだった。

 この放送後、Twitter上では「エアみかん」がトレンド入り。ファンからは「廉くんの『エアみかん』が衝撃すぎ」「エアみかん、面白すぎる(笑)」「みかんネタがガチなのかエアなのか予想する楽しみが新たにできました(笑)」など、衝撃を受けた声が集まっていた。

関連記事:

配信元

サイゾーウーマン
サイゾーウーマン
料理や収納など暮らしに関する情報や、ジャニーズや芸能、海外ゴシップの最新ニュースを連日発信中。ほかにも、皇室や女子刑務所のウラ話、万引きGメンの現場レポなど、個性豊かなコラムも展開。ほかとは異なる切り口で、女性の好奇心を刺激する記事をお届けします。
料理や収納など暮らしに関する情報や、ジャニーズや芸能、海外ゴシップの最新ニュースを連日発信中。ほかにも、皇室や女子刑務所のウラ話、万引きGメンの現場レポなど、個性豊かなコラムも展開。ほかとは異なる切り口で、女性の好奇心を刺激する記事をお届けします。

ピックアップ

セリア・ワッツの名品「穴あきバスケット」110円は即買い! 収納のプロが教える10の使用例
嵐・相葉雅紀、『相葉マナブ』の収録は「荷が重い」!? “釜‐1グランプリ”への葛藤明かす
Aぇ! group・草間リチャード敬太は「イヤらしくてちょっとエグい」!? 女優の“本音”にメンバー爆笑のワケ
『ザ・ノンフィクション』ヤングケアラーとしての日々の終わり「NYフェスティバル2022受賞記念 ボクと父ちゃんの記憶 ~別れのあと 家族の再会~」