人はどうやったら避難するのだろう?

人はどうやったら避難するのだろう?

巨大地震・津波の想定

千島海溝と日本海溝を震源とする巨大地震の想定を、12月21日、内閣府が発表しました。被害の大きさに驚いた人も多いと思います。東日本大震災(2011)では当時の想定を大きく上回る津波によって未曾有の被害が発生し、防災専門家や識者・論者の間では想定の甘さや想定外を想定する難しさが議論されました。東日本大震災の反省を受けて、その後の被害想定は最大の地震・津波を前提に、津波高や犠牲者数、被害額などが想定されています。
 南海トラフ巨大地震や今回の千島海溝・日本海溝の大地震の想定は、わたしたちに災害の脅威を教えますが、地域や世代によっては、想定のあまりの厳しさに諦めのような重苦しい空気が漂っているのも事実です。一方、行政が津波対策を最優先させ、学校のこどもたちが地域の住民たちと一緒に防災訓練を行ったり、こどもたちが防災を学び、それを地域住民に伝えたりする防災教育が進んでいる事例もあります。

気象予報と被害想定の精度は格段に向上

大雨による洪水や土砂災害の場合はどうでしょうか。ここ数年、毎年のようにどこかで被害が発生しています。今年の梅雨から夏、台風シーズンもひどい雨が降りました(この季節を私は「雨季」と呼んでいます)。日本は大雨に弱い国土であることは明白です。
ハザードマップではどこが浸水し、どこが土砂災害の危険な区域なのかが明確に示されています。川の水位と堤防の高さ、地域の標高、斜面の傾斜などから導き出されている想定は、実際の水害時にもほぼ同じ地域が被害を受けた近年の事例を見ても分かるように、かなり正確です。気象庁による予報やテレビの天気予報、お天気アプリの情報は今後の雨量や台風の進路を高い精度で教えてくれます。大雨の予報が出されたら、リスクのある地域に住んでいる住民に対して行政が避難を呼びかけます。
にもかかわらず、避難する人は相変わらず少ないままです。人はなぜ逃げないのだろうと、防災専門家や行政の防災セクター、防災士など防災意識の高い人々が議論を繰り返します。

関連記事:

ピックアップ

先進的な海外の避難所に学ぶ!地域に生かす避難所運営(後編)「トイレ・ベッド」
先進的な海外の避難所に学ぶ!地域に生かす避難所運営(前編)「食事」
SDGsと防災教育 ~ トイレ
LOVE FOR NIPPON 東日本大震災から11年の取り組み (後編)