チョコも“サステナブル”!高島屋「アムール・デュ・ショコラ」から目が離せない!!

チョコも“サステナブル”!高島屋「アムール・デュ・ショコラ」から目が離せない!!

第5782回 今日のこれ注目!ママテナピックアップ
2月14日に向けて、早くも“バレンタイン商戦”が始まっています。バレンタインの時期は、デパートや百貨店でも大規模なイベントを開催しますが、先日、高島屋「アムール・デュ・ショコラ」のプレス発表会にお招きいただいたので行ってきました! 2022年のショコラは、サステナブル!?

ショコラもサステナブルの時代!

2022年1月6日(木)、高島屋のバレンタイン催事「アムール・デュ・ショコラ」のオンラインストアがオープン。それに合わせて開催されたプレス発表会にご招待いただき、色んなチョコを見てきました!

2022年のトレンドのキーワードは、“サステナブル”。フードロスや省エネを意識して作られたチョコが要チェックのようです。たとえば、「トシ・ヨロイヅカ」の「Truffle Banane」や「シルスマリア」の「大人なバナナ生チョコレート」。

これらのショコラは、品質には問題がなくても、茶色い斑点などが理由で廃棄されてしまうことが多いバナナに注目。見た目が原因で廃棄されるはずだったバナナを使用したそう。

また、省エネ・省水で栽培するエディブルフラワーもショコラに大変身。高島屋オリジナルの「チョコレート フォー サステナビリティ」(ブルガリ イル・チョコラート)や「花のチョコレート」(MAAHA)、「ジャンデュジャセレクション」(マ・プリエール)など、見た目にも美しいショコラも!

写真で見る「アムール・デュ・ショコラ」

おうちでも、会場でも楽しめるようになっているので、パートナーや家族に、友人に、自分用に、ぜひのぞいてみて。
(文・明日陽樹/TOMOLO)

≫アムール・デュ・ショコラの詳細はこちら!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
TOMOLO
明日陽樹
TOMOLO
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。

ピックアップ

「上位に入る」「素晴らしい」ハーゲンダッツの新作に激ハマリ中!!
「超おいしい」「大当たり!」赤城乳業の新アイスに心奪われた
「一番好き」「爆買いした」ケンタッキーがめっちゃ話題に
森永製菓とビアードパパがコラボ「ビスケットサンド<パイシュークリーム味>」が話題に