現役吉本芸人、先輩・もう中学生を“告発”の怪――「芸人界隈で危険人物扱いされている」ウラ事情


写真ACより

 現在、再ブレーク中のお笑い芸人・もう中学生がネタで使用する小道具について、“ゴースト作家”がいることを1月13日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じている。もう中学生と同じ吉本興業所属のピン芸人・ツクロークンは、7年ほど前からもう中学生の小道具約70点を制作しているが、当時からもう中学生に「作っているのは自分だと言わないでほしい」と口止めされていたそう。一見して「もう中学生がツクロークンを利用していた」という印象だが、芸人界隈では別の意味で騒ぎになりつつあるようだ。

 もともと、別の芸人仲間の小道具制作を請け負っていたというツクロークンは、先輩の紹介でもう中学生と知り合い、以来、数々の小道具を格安で作り続けてきたという。「文春」では、「今まで、もう中さんの小道具を作ってきたのは私です」と、実名でもう中学生を告発しているが……。

「『これまで二人三脚でやってきた』と言わんばかりのツクロークンですが、もう中さんは基本的に自ら小道具を制作しており、その総数は1,000点以上といわれています。ツクロークンは『自分の名前をクレジットしてほしい』と希望したそうで、実際に彼が制作した小道具をもう中さんがTwitterで紹介した例もありましたが、過去に使ったすべての小道具をあらためて『ツクロークン制作』と発表しろというのは、なかなかのムチャ振りでしょう」(お笑い芸人)

 さらに記事によると、昨年12月頭にツクロークンが弁護士を通じて、もう中学生に小道具の制作者として名前を公表するよう通知を送ったという。

「当初は慰謝料も請求していたようですが、その後撤回。もう中学生の弁護士との話し合いの最中に、今回の記事が出たとみられます。ツクロークン側が『文春』にリークしたことは明らかですが、まだ決着がついておらず、彼は吉本に籍を置いた上で先輩芸人を告発しただけに、単なる炎上商法なのか、それ以上の目的があるのか疑問が残ります。吉本芸人界隈でも、ツクロークンは完全に『危険人物』扱いされていますね」(スポーツ紙記者)

 雑誌の発売に先がけ、12日夕方には、今回の記事の一部がニュースサイト「文春オンライン」にアップされたが、現時点(13日午前11時時点)でもツクロークンは吉本興業の公式サイトに所属芸人として名を連ねている。

「ツクロークンは記事が出た同日朝、自身のTwitterで『去年までずっと我慢我慢の日々。でも今年からちゃんと戦います』と、意味深な投稿を行っていました。もう中さん側にも、見直すべきところはあったと思われますが、現状ではツクロークンの“コントロール不能”な部分が際立ってしまっています」(前出・お笑い芸人)

 事務所の先輩相手に紛争を仕掛けたツクロークンは、果たして吉本所属のまま活動することができるのだろうか。トラブルの決着を含めて、騒動の行く末を見守りたい。

関連記事:

配信元

サイゾーウーマン
サイゾーウーマン
料理や収納など暮らしに関する情報や、ジャニーズや芸能、海外ゴシップの最新ニュースを連日発信中。ほかにも、皇室や女子刑務所のウラ話、万引きGメンの現場レポなど、個性豊かなコラムも展開。ほかとは異なる切り口で、女性の好奇心を刺激する記事をお届けします。
料理や収納など暮らしに関する情報や、ジャニーズや芸能、海外ゴシップの最新ニュースを連日発信中。ほかにも、皇室や女子刑務所のウラ話、万引きGメンの現場レポなど、個性豊かなコラムも展開。ほかとは異なる切り口で、女性の好奇心を刺激する記事をお届けします。

ピックアップ

セリア・ワッツの名品「穴あきバスケット」110円は即買い! 収納のプロが教える10の使用例
嵐・相葉雅紀、『相葉マナブ』の収録は「荷が重い」!? “釜‐1グランプリ”への葛藤明かす
Aぇ! group・草間リチャード敬太は「イヤらしくてちょっとエグい」!? 女優の“本音”にメンバー爆笑のワケ
『ザ・ノンフィクション』ヤングケアラーとしての日々の終わり「NYフェスティバル2022受賞記念 ボクと父ちゃんの記憶 ~別れのあと 家族の再会~」