しまなみ海道・大島に、四棟から成る一棟貸しの宿「足るを知る木洩れ日る」がオープン

しまなみ海道・大島にある、人々の道しるべ「善根宿」として利用されていた大島の伝統ある古民家が、2022年、四棟から成る一棟貸しの宿「足るを知る木洩れ日る(タルヲシル コモレビル)」としてオープンした。

移り変わりを体感できる宿

「足るを知る木洩れ日る」は、種子島在住の建築家・内野康平氏が設計した、瀬戸内海が一望できるシチュエーションの、これからも移り変わる宿。建物では日々の何気ない光や素材の移り変わりをシンプルに体感でき、近くで水揚げされる豊かな大島の海の幸などを自身で調理して食べることも可能だ。

宿には桜並木が続いていて、春には満開の桜、初夏や夏には葉桜、秋には紅葉、そして冬には枝模様と、一年中その美しさを楽しみながら宿泊できる。季節によって移り変わる木洩れの景色。そのような日常を、一人でも、そしていつもの仲間とも、そしてもちろん新しい仲間とも楽しめる。

日常と旅の境目をなくす

四棟のうち、宿泊可能な建物は三棟(2022年1月現在は一棟)。2021年に完成した一棟目は、中(日常)と外(旅)の境目をなくすというコンセプトの二階建ての宿。

一階の部屋は、部屋と庭の境目のないつくりで、寝ながらも開放的に自然を体感でき、

二階にある開放感あふれるお風呂からも、空と湯船の境目が消える贅沢な景色を望むことができる。

また、一、二階ともに、見晴らしのよい環境で仕事ができるカウンタースペースも用意されている。

庭ではバーベキューなども楽しめ、グランピング好きな人にも好まれるスタイル。料金は1泊1名あたり8,000円~。2023年に二棟目、2024年に三棟目が完成する予定だ。

ピックアップ

サンエックス創業90周年記念!レジェンドキャラクターのオンラインくじが発売開始
「ひざ関節症クリニック」が、“コロナ膝”予防に役立つトレーニング動画をプレゼント中
あまおう苺スイーツ専門店「博多まっかな苺」より、待望の焼菓子詰合せが新発売!
大谷大学国際学部生が京都駅周辺で外国人観光客への英語アンケート調査を実施