日本を守る地震予測。緊急地震速報や地震がおこる確率はどのように調べている?

日本を守る地震予測。緊急地震速報や地震がおこる確率はどのように調べている?

みなさんもスマートフォンから緊急地震速報のアラームが鳴った数秒~十数秒後に、大きなゆれがおきたという経験があるかと思います。
震度6強といった大きなゆれの中では立っていることはできず、地面をはって移動することも難しくなります。そのため、緊急地震速報から地震までのわずかな間でテーブルの下に隠れる、硬いもので頸椎(首)や頭を守る、火から離れるといった、とっさの行動が身の安全を大きく左右します。
また、地震がおきてから今いる場所くるゆれの以外にも、首都直下地震や南海トラフ地震といった大地震の確率や各地でおこるゆれの大きさも予測されており、事前の対策に役立てられています。

このような、地震の予測はどのような根拠をもとにされているのでしょうか?私たちの日本を守る地震の予測について学んでみましょう。

地震の予測・研究をおこなう地震調査研究推進本部

日本の地震予測は文部科学省の地震調査研究推進本部という組織を中心として研究がされています。この地震調査研究推進本部は1995年の阪神・淡路大震災をきっかけに、政府が地震に関する研究や調査をとりまとめ、防災を担当する機関や国民に伝えることで地震防災対策を推進させるために設立されました。

地震調査研究推進本部によって立案された施策や計画をもとに、文部科学省、国土地理院、気象庁、海上保安庁、防災科学技術研究所、海洋研究開発機構、産業技術総合研究所、情報通信研究機構、消防庁消防研究センター、大学が研究や観測を行っています。
こうした連携する機関で行われた研究や調査データをもとに、将来的に地震がおこる可能性を予測する「長期評価」、地震がおきた場合どれくらいの強さのゆれがおこるかを予測する「強震動評価」、どれくらいの高さの津波がどれくらいの確率でおこるかを予測する「津波評価」などが行われており、この研究成果は国や自治体、民間での対策に役立てられています。
首都直下地震のおこる確率は30年の間に70%、南海トラフは30年の間に70~80%の確率でおこるといった予測を目にしたことがあるかもしれませんが、こういった予測も地震調査研究推進本部での研究成果が元となっているのです。


どれくらいの大きさでゆれがおこるかを伝える緊急地震速報

緊急地震速報は遠くの震源地でおこった地震のゆれが、現在いる場所にどれくらいの大きさで届くかを予測し、伝える仕組みです。
日本には防災科学技術研究所、気象庁、地方自治体により4,500の地震計が設置されています。この地震計は陸地にまんべんなく設置され、常にその状況が気象庁に送られています。
地震がおこるとP波とS波という2つのゆれがおきます。P波=Primary wave(1番目の波)は早く伝わりますがゆれは小さく、S波=Secondary wave(2番目の波)はP波よりも遅く伝わりますがゆれが大きくなります。P波のゆれを検知した地震計から送られたデータをコンピューターで処理することで、震源や地震の大きさ(マグニチュード)を推定して日本各地でおこるゆれの大きさを計算し、大きなゆれのS波が来る前に通知することができるのです。

「緊急地震速報(予報)」と「緊急地震速報(警報)」

現在はコンピューターの性能と予測の手法が向上し、たった1つの観測点のP波のデータから震源やマグニチュードを推定することができるようになり、解析のスピードも上がっています。
しかし、観測点が少ない場合には誤報になることがあり、小さい震度の通知が頻繁にされると不便を生じることから、高度利用者向けの「緊急地震速報(予報)」と一般利用者向けの「緊急地震速報(警報)」に分けられています。
「緊急地震速報(予報)」は観測点が1か所以上で計測され、マグニチュード3.5以上または最大震度3以上となることが予測された場合の速報で、地震発生から2~3秒後には関係機関にむけてデータが送られます。
「緊急地震速報(警報)」は観測点が2か所以上で計測され、最大震度が5弱以上と予想された場合の速報で、地震発生から5~10秒後には関係機関にむけてデータが送られ、報道機関や携帯電話会社を通じてテレビやスマートフォンなどに届けられます。
また、緊急地震速報(予報)・(警報)ともに、時間の経過によって内容に変化があった場合には、続報として精度の高いデータが送られます。

このように、地震計から送られたデータを瞬時に解析し気象庁から関係機関に送ることで、事前に大きなゆれが来ることを知ることができるのです。

緊急地震速報だけに頼らず、日ごろから備えよう

陸の下が震源となるなど今いる場所と震源が近い場合には、ゆれの予測とデータの送信が間にあわず、大きなゆれが来る前に緊急地震速報が届かないことがあります。
また、マグニチュードが大きな場合には地震の原因となる断層破壊がおこる時間が長くなり、マグニチュード6では10秒、マグニチュード8では100秒と長時間が続きます。断層破壊の途中で予測を行うこととなるため予測精度には限界があり、緊急地震速報の内容と実際の震度が違う場合もあります。

緊急地震速報の予測精度は高くなりスピードも速く進化していますが、おこる地震の条件によっては通知が間に合わなかったり、誤差が生じたりすることもあります。
とっさに身を守る時間が無くても、家具の固定や物が飛んでこないようにしておくこと。また、大きなゆれで固定した家具が倒れるなどの可能性を考え、小さなゆれや緊急地震速報がきたら、テーブルの下に隠れる、硬いもので頸椎(首)や頭を守る、火から離れるなどをして身を守ること。この両方を行うことで、大けがを避けられる可能性が格段にあがります。

関連記事:

ピックアップ

先進的な海外の避難所に学ぶ!地域に生かす避難所運営(後編)「トイレ・ベッド」
先進的な海外の避難所に学ぶ!地域に生かす避難所運営(前編)「食事」
SDGsと防災教育 ~ トイレ
LOVE FOR NIPPON 東日本大震災から11年の取り組み (後編)