基本の調理方法がわかる ホタテ入りおにぎり(1歳〜1歳6ヶ月頃から)

基本の調理方法がわかる ホタテ入りおにぎり(1歳〜1歳6ヶ月頃から)

ホタテはたんぱく質やうま味成分のアミノ酸、グルタミン酸が含まれ、亜鉛などのミネラルも多く含まれています。
離乳食では貝柱の部分のみを加熱して与えることができます。
弾力があり噛みちぎりにくい食材なので、固さや大きさに注意しましょう。

『基本の調理方法がわかる ホタテ入りおにぎり(1歳〜1歳6ヶ月頃から)』に関する動画を見たい方はこちらをクリックください

きほんのホタテ 材料(作りやすい分量)

・ホタテの貝柱(刺身用が便利) 適量(1食分の目安量は約15〜20g)

作り方

・ホタテは下処理がされている刺身用のものがおすすめ。縦に繊維があるので、繊維を断ち切るように横に薄切りにする。

・熱湯で火が通るまで約1〜2分ゆでる(加熱しすぎると固くなるので注意する)。ホタテを取り出す。残ったゆで汁は、ホタテのだしが出ているのでスープなどに活用できる。

・食べやすい大きさにほぐす。

関連記事:

ピックアップ

洗濯や乾燥で服が縮む?原因と対処法・縮みやすい素材をご紹介
絶対に触りたくない 害虫退治テク3選
お昼にぴったり 焼きうどん
あると便利 しらすとわかめのふりかけ