アボカドは「食べすぎ注意」!?アレルギーや腹痛など気になる症状を徹底解説

アボカドは「食べすぎ注意」!?アレルギーや腹痛など気になる症状を徹底解説

栄養豊富なイメージのあるアボカド。食べたあとに腹痛や胃痛など、気になる症状が出たことはありませんか?これはアレルギーなのかどうか、気になってしまいますよね。今回は、アボカドを食べたあとの気になる症状が起きた際に考えられる理由や対処法について、管理栄養士が解説します。

アボカドを食べたあとの気になる症状はアレルギー?

Ecb7e361991c426f

アボカドを食べたあとに起こる腹痛や胃痛などの気になる症状は「食物アレルギー」による可能性もありますが、ほかにも「食べ過ぎ」なども考えられます。

気になる症状の原因をはっきりさせるには、医療機関の受診が必要です。症状が続く場合や、強い症状がみられる場合は自己判断せずに医師の診察を受け、対処法について指示を仰ぐようにしましょう。

診療科は症状に応じて、内科、消化器科、アレルギー科、皮膚科などが考えられますが、近くの医療機関で診察してもらえるかどうか、事前に確認しておくとスムーズです。

アボカドアレルギーとは

36fd1d8b70811563

アボカドは食物アレルギーを起こす可能性がある食べ物のひとつです。食物アレルギーの症状の多くはかゆみやじんましんなどの皮膚症状ですが、腹痛や下痢といった消化器症状を引き起こすこともあります。これらの症状は食後2時間以内にあらわれることが多いとされています。

アボカドアレルギーが疑われる場合、医療機関では問診とあわせて、血液検査、皮膚プリックテスト(皮膚を介したアレルギーテスト)、食物経口負荷試験(アレルギーが疑われる食品を摂取するなどして症状の有無を確認するテスト)などが必要に応じて行われます。

受診する際は、どのような症状があるのか、また食べたもの、時間などのメモを持参すると役立つでしょう。

アボカドとラテックスアレルギーの関連性

26363c340d5a8d1c

ラテックス(天然ゴム)にアレルギーを持つ方が、アボカド、栗、バナナ、キウイフルーツなどを食べることで、口の中の違和感やじんましん、また場合によりアナフィラキシーショック(血圧低下や意識障害を伴う症状)という強い反応を生じることがあります。これは「ラテックスーフルーツ症候群」と呼ばれています。

ラテックスはゴム手袋によく使われる素材で、ラテックスアレルギーの症状の多くはじんましんやかゆみなどです。このラテックスアレルギーの方の30~50%が「ラテックスーフルーツ症候群」を発症するといわれています。

消費者庁、厚生労働省、経済産業省による「ラテックスアレルギーに関する注意喚起(平成29年)」では、ラテックスアレルギーと診断された方は、強い症状を引き起こす恐れがあるアボカド、栗、バナナ、キウイフルーツの摂取を控えることが勧められています。

ゴム手袋をしてかゆくなったことがある方など、疑わしい症状がある場合はアレルギー専門医などの医療機関を受診しておくと安心でしょう。

※参照:一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギーポータル消費者庁 厚生労働省 経済産業省「ラテックスアレルギーに関する注意喚起(平成29年)」

関連記事:

ピックアップ

【業スー】へ急いで!「ジワジワ来ている人気台湾フード」食卓から秒でなくなるジューシーさ
もやしの正しい保存方法!冷蔵・冷凍のやり方や保存期間を管理栄養士が解説します!
110円で地味に面倒なひと手間解消【セリア】全ズボラ号泣「1個じゃ足りない」便利すぎるキッチン雑貨
豆苗の育て方を徹底解説!水の量は?どこに置く?何回収穫できるかも検証してみた