トレンドだからってそのメイクちょっと待って!抜け感を狙いすぎて残念見えする!NGメイク3選

美容ライターの遠藤幸子です。メイクはトレンドを適度に取り入れることが大事ですが、その解釈の仕方や実際の取り入れ方によっては残念見えしてしまうことがあります。今回は、ナチュラルすぎて残念見えしてしまうトレンドメイクをピックアップし、それをアップデートしていく方法をご紹介します。

【ナチュラルすぎて残念見えするメイク①】薄づきすぎてアラが目立つベースメイク

ニキビやニキビ跡、シミや毛穴など隠したい肌悩みは誰にでもあるもの。しかし、それを隠そうとファンデが厚塗りになってしまうと、肌の透明感が失われるなどして老けて見える原因となってしまいます。

とはいえ下地やファンデを薄くのばして塗り、コンシーラーもちょんとのせただけでは肌のアラが剥き出しになってしまい残念な印象になってしまいます。

そのためポイントを押さえてベースメイクを作り上げる必要があります。

まず化粧下地は適量を取り、カバーすべき目の下のくすみなどは多めに塗り外側に向かってのばしていきましょう。

ファンデも薄く塗り伸ばしてから気になる部分は少量重ね塗りするのがおすすめです。そして、内側から外側に向かって薄くなっていくよう立体感を意識しながら全体を塗りましょう。

【ナチュラルすぎて残念見えするメイク②】薄盛りすぎてメリハリなしのポイントメイク

年齢を重ねると、自分の目の周りのくすみと一体化してダークカラーのアイメイクを纏うと老けて見えてしまうことがあります。

逆に淡い色のアイシャドウを単色で塗ると目元にハリ感が出て明るく見え、若々しく見える傾向にあります。

そのため薄い色のアイシャドウをメインカラーに、引き締めはそこそこにアイメイクを完結させ、それに合わせてやわらかな色のチークやリップを纏う場合があります。

そうすると、途端に顔の印象がぼやけて顔が大きく見えたり、締まりのない印象に見えたりします。

淡い色のアイシャドウをメインカラーにする場合にはリキッドのアイライナーで目元を引き締めましょう。チークはやわらかな色でも大丈夫です。

ただし、血色感と透明感を重視してリップとアイメイクをつなぐようなイメージで選ぶことが大切です。リップでは血色感と引き締め感を意識して仕上げてみましょう。

関連記事:

ピックアップ

同じアイテムで全部できちゃう♡ご近所3分アイメイク&しっかりお出かけアイメイクのやり方
今すぐGUに走りたい…!新作だけど売り切れ注意!夏までがっつり着倒せる「旬アイテム」リスト
シャツワンピは重ね着が可愛い♡マネして即垢抜け!おしゃれに見える「着こなしのコツ」
アラサー美容ライターが底見えするほど使ってる!毛穴レス肌をつくる名品クレンジング6選