「だ、誰ーッ!?」義実家での授乳中、知らないおじさんが部屋に入ってきてパニック!

「だ、誰ーッ!?」義実家での授乳中、知らないおじさんが部屋に入ってきてパニック!

4歳の娘と生後5カ月の息子を育てています。わが家は田舎にあり、家から5分の義実家の近くには親戚なども多く、昔ながらの距離の近い近所づきあいがあります。そんな義実家だからこそ起きたのが、今回の衝撃的な出来事でした。

4歳の娘と生後5カ月の息子を育てています。わが家は田舎にあり、家から5分の義実家の近くには親戚なども多く、昔ながらの距離の近い近所づきあいがあります。そんな義実家だからこそ起きたのが、今回の衝撃的な出来事でした。


「だ、誰ーッ!?」義実家での授乳中、知らないおじさんが部屋に入ってきてパニック!

「だ、誰ーッ!?」義実家での授乳中、知らないおじさんが部屋に入ってきてパニック!

別室で授乳タイム

息子が生後4カ月のとき、義実家にみんなで遊びに行きました。義実家で過ごすなかで息子の授乳の時間になり、いつものように別室を借りました。その別室は大きな窓があって、そこから庭に出入りできるようになっています。


私はその窓を気にするでもなく、いつものように授乳していると、「ドンドンドン!」と窓をたたく音がします。驚いていると外で「R(義母の名前)さん!」と声がしたので、義母のお客さんなんだなと納得。しかし授乳の真っ最中なので動けずにいました。

おじさん! しかも…入ってきた

「玄関のほうに行くかな?」と思っていたそのとき、いきなり部屋の窓が開いておじさんが入ってきました。その部屋の窓が開いているとも思っていませんでしたし、おじさんが勝手に入ってくるとも思っていなかったので私はびっくり。慌ててめくりあげていた服を降ろし、息子がくわえている部分を隠し、咄嗟に「Rさんはリビングにいると思います」と言いました。


するとおじさんは「お? Rちゃんの孫か? おっぱいくれてるんか? 見せて見せて」とズンズン近寄ってきます。息子は授乳真っ最中。「え? いや、あの」と言うも、おじさんの勢いに圧倒されて私はパニックになり動けませんでした。

関連記事:

ピックアップ

<女性特有トラブル>「ママはやくなおりますように」子どもの成長を感じて思わず涙…
「出生届?平日でしょ?」自分の子なのに他人事のような夫。出生届さえ出してくれなくて…
「え…うまく話せない!?」うつ症状が悪化!?自分でも予想外の症状が…
<男性恐怖症の私>「仲良くなりたい」不思議な感覚。「信頼できる男性」で思い浮かべたのは…