鳥羽シェフ監修のハンバーガー店や日本初の倉庫丸ごと使用の横丁が登場【今週の新店 #58】

鳥羽シェフ監修のハンバーガー店や日本初の倉庫丸ごと使用の横丁が登場【今週の新店 #58】

毎週金曜日更新!macaroni編集部のトレンドチームがお届けする「今週の新店オープンNEWS」。全国各地に続々とオープンする新店のなかから、とくに注目度の高いお店を厳選していきます。今週は、新たな「ほぼ新宿のれん街」やスイーツとあんこを楽しめるイベントをご紹介!

【毎週金曜日更新】今週の新店オープンNEWS

macaroni編集部がお届けする新企画「今週の新店オープンNEWS」。日々最新グルメをチェックし続けるトレンドチームが、とくに注目しているお店を毎週ご紹介していきます。

今週は鳥羽シェフ監修の「レコールバンタン」の生徒が運営するハンバーガー店や、新たにオープンした「ほぼ新宿のれん街」をピックアップしました♪

1. 鳥羽シェフ監修「GENKAI BURGER」

2022年1月22日(土)、製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」の生徒の運営するハンバーガー店「GENKAI BURGER(ゲンカイバーガー)」が、「レコールバンタン」の校舎にオープンします。

メニューを監修するのは、レストラン「sio」の鳥羽周作シェフ。本格的なメニューを原価でリーズナブルに楽しめるのが特徴ですよ。

メイン商品は、神戸牛やトリュフなど高級食材をふんだんに使用した「神戸牛 “GENKAI” チーズバーガー」。鳥羽シェフが提唱する「5味+1」の考え方で作られています。

ほかにもポテトやクラフトコーラ、クラフトレモネードなどのドリンクも販売。

※5味+1とは、「5味に辛味、食感、香りが加わることで立体的で奥行きがある料理」のこと。5味の「甘味、塩味、酸味、苦味、旨味」と+1の「辛味、食感、香り」それぞれの味の強さがその料理のカタチを定め、個性となり、全体はまとまりながら(どこか懐かしさもありながら)これまでに食べたことがない味(=sioらしさのひとつ)を作り出しています。

神戸牛 “GENKAI” チーズバーガー

価格:「神戸牛 “GENKAI” チーズハンバーガー」990円/「ポテト」110円

神戸牛、トリュフ、高知県の土佐ジロー卵、北海道産チーズなど高級食材がふんだんに使用されています。鳥羽シェフが提唱する「5味+1」の考え方で絶妙なおいしさを実現した逸品。

ピックアップ

うま味満点!肉詰めこんにゃく
雪見だいふく×喜久福がコラボ!上品なあんの甘みと抹茶風味が贅沢な味わい【365日アイス女子】
混ぜるだけ!アスパラごはん
包んで焼くだけ!鶏のトマト煮風ホイル焼き【お肉で簡単ホイル焼き:前編】