1月23日はアーモンドの日!『無添加 濃いアーモンドミルク 砂糖不使用・てんさい糖入り』は素材そのままの味が楽しめる植物性ミルク

1月23日はアーモンドの日!『無添加 濃いアーモンドミルク 砂糖不使用・てんさい糖入り』は素材そのままの味が楽しめる植物性ミルク

シンプルな原材料で、濃厚な味わいが魅力の『無添加 濃いアーモンドミルク 砂糖不使用・てんさい糖入り』。アーモンドの含有量が高く、効率よく栄養素を補えるから、美容と健康への意識が高い方にぴったり! 無添加ならではの素材の良さと、ヘルシーさを兼ね備えたアーモンドミルクをさっそく飲んでみよう。

無添加で作られたアーモンドミルクは国産製品初!

筑波乳業株式会社(茨城県)は、1941年創業、2001年よりナッツ加工を開始、2014年よりアーモンドミルクの販売を開始。原料のアーモンド加工から一元管理し、他社にはない「濃さ」にこだわったアーモンドミルクには定評がある。

今回ご紹介するのは、

『無添加 濃いアーモンドミルク 砂糖不使用』(125ml・希望小売価格 税込149円・発売中)

『無添加 濃いアーモンドミルク てんさい糖入り』(125ml・希望小売価格 税込149円・発売中)

アーモンドミルクとは、その名の通りアーモンドと水からなる植物性飲料で、水に浸したアーモンドをミキサーなどで砕き、水を加えてガーゼなどで漉して作るのが一般的だ。ミルクとなっているが、乳成分を加えて作られたものではなく、「植物性ミルク」や「第3のミルク」としても知られている。

1月23日はアーモンドの日! アーモンドを日々の食生活に取り入れてみよう

アーモンド約23粒には、1日に必要なビタミンEの栄養素が含まれているとされている。これに由来し、カリフォルニア・アーモンド協会では1月23日をアーモンドの日と制定した。

原材料を見てみると、「アーモンド(アメリカ)」しか書かれていないシンプルさ。(※1)香料や着色料も一切使われておらず、無添加で自然な味わいを大切にしている。

(※1)「てんさい糖入り」の原材料は、アーモンド(アメリカ)とてんさい糖。

自社のナッツ専門工場で選別したアーモンドを皮むきした後、丸ごと潰して成分を濃いまま逃さない製法(微細化・まるごと粉砕)で作られているのだとか。

PlantBased:植物性素材だけで作りました

砂糖不使用は、1本(125ml)あたり81kcal、アーモンド含有量は約12.5粒(※2)。てんさい糖入りは、1本(125ml)あたり94kcal、アーモンド含有量は約11粒(※2)。アーモンドのみということで、植物性素材だけで作られたプラントベース食品でもある。どちらもこれ1本で1日の摂取目安である約23粒のうち、およそ半分補えるのも嬉しい!

(※2)アーモンド1粒を1gとしてカウント

アーモンドの成分が沈殿しやすいのでよく振ってから飲もう。

125mlパックは、手の中におさまる小さなサイズで飲み切りやすい量。

ストローをさす位置にアーモンドのイラストがありほっこり!

関連記事:

ピックアップ

南州農場からお届け! 高級ブランド豚の『南州黒豚ソーセージ4点詰合せ』をお得にお取り寄せしよう
ほのぼのした絵柄がかわいらしい! 『mizutamaさんのおうちグラス』でおうちcafeを楽しもう!
乳製品・動物性原料を使わない『植物バター』が思ったより濃厚だった!【プラントベース】
【体験レポート】子ども用メガネはどこで買う? 「Zoff」なら定番から人気キャラのコラボモデルまで豊富なラインナップから選べて、子どもがゾッコンになる1本が見つ…