使わなかった年賀はがきで途上国にワクチンを!「書き損じはがき回収キャンペーン」を開始

「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」(東京都、以下JCV)は、使わなかった年賀はがきの回収キャンペーンを実施中だ。

年賀はがきでワクチンを

例えば、余ってしまった未使用の年賀はがき10枚でポリオワクチン20人分を途上国の子どもたちに贈ることができる。

2020年には3,739,986円分の未使用はがき・切手の支援が集まり、JCV支援国のひとつ、ラオスで1年間に生まれる全ての赤ちゃんに接種できる、約187,000人分のポリオワクチンを贈ることができた。

「もったいない」が救う途上国のちいさな命

JCVの活動は「もったいない」という想いと深いつながりがある。1994年の創設当時、JCVの活動は使用済みテレホンカードや未使用切手など、捨てるには「もったいない」モノの回収から始まり、今では書き損じや未使用はがき・切手、使用済み切手、ペットボトルキャップの回収に拡大し、途上国でワクチンを待つお父さん、お母さん、そして子どもたちの笑顔を守ってきた。

このキャンペーンを通して、あらためて多くの人に「もったいない」が「誰かの役に立つ」ことを知ってもらい、できるだけ多くのワクチンを支援国に贈り、一人でも多くの子どもの笑顔を守りたいと思っている。身近な「もったいない」から始まる、活動へのあたたかい協力をしてほしい。

ピックアップ

紹介制レストランの味を自宅で!『魔法のイタリアン・ミールキット』がCAMPFIREに登場
恵比寿でハワイを満喫!「アロハ・トーキョー2022」が恵比寿ガーデンプレイスにて開催
ニュージーランドメリノウールをエスプレッソ抽出後の豆殻で染色したTシャツが登場
『COLLEGE MARKET』に桜美林大学が登場!新たなブランドとのコラボアイテムを展開