自動車用電球メーカーの大井川電機が“幻のきのこ”「ホホホタケ」の輸出を開始

自動車用電球を製造・販売する大井川電機製作所が、シンガポール、香港、マレーシアへ、同社が生産する“幻のキノコ”はなびらたけ「ホホホタケ」の輸出を開始した。

「ホホホタケバーガー」も

同社が、新規事業として開始した「ホホホタケ」の生産、販売は2021年9月までに月間1万パックを生産・販売し、現在は約3万パックに増産、2022年度末までには約6万パックに拡大する見込みで、スーパー、料理店、カフェ、給食などでの採用が進んでいる。

静岡県島田市では、島田駅前の創作料理「C-2 HINODE」のコース料理に、カフェ「トロント・トロワカフェ」では「ホホホタケ」をメイントッピングにした「ホホホタケバーガー」を販売開始し、大手レストランチェーン店やコンビニなどでも「ホホホタケ」の販売を開始している。

地方の特産品と連携したセット販売も

また、同社では今季も、石川県穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)で能登牡蠣を生産・販売する河端水産と連携して、アヒージョやバーベキューをイメージした牡蠣と「ホホホタケ」の料理セット販売を開始した。

コリコリした食感と出汁が魅力の「ホホホタケ」は和風・洋風など、様々な料理に合うことから、地方の特産品と連携したセット販売や、両者を組み合わせた料理を紹介している。

「ホホホタケ」と能登牡蠣のセットは、『殻付き牡蠣(35個前後)+剥き身牡蠣500グラム(35個前後)はなびらたけ「ホホホタケ」(80グラム/1パック)』6,300円(剥き身牡蠣1キロセットは8,300円)、『剥き身牡蠣1キロ+ホホホタケ 1パック』4,500円、『剥き身牡蠣1キロ+ホホホタケ 2パック』5,800円、『剥き身牡蠣2キロ+ホホホタケ 2パック』8,900円がラインアップ。能登牡蠣とのセット販売は真牡蠣の旬が終了する2022年6月頃まで販売する。

ピックアップ

SNSで話題!元関取の店主が作る肉厚の「かつ丼 ちよ松」が大阪・道頓堀に誕生
家庭菜園を始めたいビギナー集まれ!「UETE」が初のポップアップショップを出店
爆盛国産パクチーがインパクト大!フレッシュネスバーガーにクセスゴバーガーが登場
長時間冷感キープでお尻が蒸れない!超爽快冷却クッションがクラファンに登場