「里親」とは?制度内容から3つの実体験まで|里親の基本を徹底解説

「里親」とは?制度内容から3つの実体験まで|里親の基本を徹底解説

結婚して長期間子どもを授からず、「里親」を検討したいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、「里親の制度自体」や「経済的な負担」について分からない・・・と、お困りのこともあるかと思います。

そこで今回は、

  • 里親制度の具体的な内容
  • 里親の3つの実体験談
  • 里親の問題点と対処法
  • 里親に関して相談するなら

等について、ご説明したいと思います。ご参考になれば幸いです。

1、「里親」(里親制度)とは?

里親は、制度としてその内容が整っています。

ここでは、里親とは、そして里親制度の内容まで見ていきます。  

(1)「里親」とは

里親とは、何かしらの事情で子どもを育てられない実親に代わって子どもを養育する者をいいます。

子どものいないご夫婦、または実子がいるご夫婦でもなることができます。

一部の里親の種類を除きますが、独身者でもなることができます。  

(2)里親が必要とされる背景

事情があり親が育てられない子どもは、日本では施設で養育されることが一般的と思われるかもしれません。

もちろん施設で養育することもできるでしょう。

しかし、施設では一人の職員が多くの子どもを担当します。

乳幼児であれば夜間の添い寝も1人1人に対応することは難しいでしょう。

子どもが成長するには「家庭的」な環境が必要です。

これは、国際条約(児童の権利に関する条約)でも謳われており、諸外国の実情からも国際的な常識であるといえます。

子どもの幼少期には自分一人にだけ注がれる愛情というものが必要なのです。

このような背景において、2017年政府は、「里親」は子どもが立派に成人していく上で必要な制度であるとして、以後10年間で「就学前の子どもの75%」「就学後の子どもの50%」を里親に委託できるようにという目標値を設定しました。  

(3)里親制度に関するデータ

現在里親を必要としている子どもの数は約45,000人です。

他方で、里親によって養育されている数はおよそ6千人です。

また、約3万人の子どもが施設で養育されています。

まだまだ里親制度が日本では普及していないことがわかります。      

(4)里親の種類

里親には幾つかの種類があります。1つずつ見ていきましょう。     

①養育家庭(里親)ー普通養育と専門養育(障害者など)に分かれる

子どもが成人するまで又は実親に引き取ってもらうまでの間里親になることを、養育(家庭)里親といいます。

普通養育と、専門知識を持った者が障害児童などの里親になる専門養育に分かれています。

1週間、夏休み期間中などの短期間も可能です。

親権は実親にあるままで、かつ引き取った子どもに実子のような相続権を与えることはできません。   

②親族里親

実親が死亡した場合や、失踪した場合などに親族が引き取り代わりに育てることを親族里親といいます。

親族なので比較的に親子の絆ができやすく愛情をもって子どもを養育できる可能性が高いでしょう。

子どもも知っている人が親代わりになってくれるため安心して家庭に馴染めるかもしれません。    

③普通養子縁組里親

普通養子縁組の上で里親になることもできます。

この場合には、法律的に親子関係を構築することになります。

ポイントは、実親との親子関係もそのままということです。

親権は里親へ移りますが(民法第818条第2項)、養子縁組は実方親族関係へ何ら影響することはないため、養子は実親からの相続権もあり、里親からの相続権もあります。

普通養子縁組の法的手続きは、下記の通りです。

  • 里親申請を行います。(詳細は見出し「7」に記載)
  • 養子縁組届と、戸籍謄本を準備します。
  • 養子が15歳未満の場合には、法定代理人や後見人の代諾が必要です。
  • 養子の居住地の家庭裁判所に養親が養子縁組の申立を行います。ただし、養子が養親の直系の卑属(子や孫)の場合には申立は必要ありません。
  • 家庭裁判所で審判し結果(審判書謄本)を郵送します。(約3ヶ月〜6ヶ月)
  • 家庭裁判所が発行する「養子縁組許可審判書」と養親と養子の印鑑を準備します。
  • 本籍地の市区町村、または居住地の市区町村に書類一式を提出します。戸籍謄本は本籍地以外に提出する場合に必要です。

④特別養子縁組里親

特別養子縁組は、実親との親子関係がなくなることがポイントです。

里親(養親)との親子関係だけを築くこととなります。

相続権は里親との間にだけ存在することになります。

戸籍も一見しただけでは養子であることがわからないような特殊な処理がなされます。

重要な法律関係の変動が生じ得る制度です。

そのため、養親になるには結婚していることや年齢制限(25歳以上。民法第817条の4)など一定の条件があります。

また養子側にも6歳未満でなければならないこと(民法第817条の5本文)や、原則実親の同意が必要(民法第817条の6)という条件があります(なお、6歳未満という養子側の年齢制限は、2019年1月、法制審議会(法相の諮問機関)の部会で、小中学生が含まれる15歳未満に引き上げる見直し案を固めました)。

実親にとっては親子関係が完全になくなるわけですので、実際に特別養子縁組が行われるケースはかなり限定されています。

特別養子縁組の法的手続きの流れは下記のとおりです。

  • 里親申請を行います。(詳細は見出し7に記載)
  • 養親の居住地の家庭裁判所に「特別養子縁組」の申立を養親が行います(見直し案では実親と児童相談所所長も申し立てることができるとされています)。
  • 養親の戸籍謄本と、養子の戸籍謄本、養子の実親の戸籍謄本が申立には必要です。ただし、養子の実親の戸籍謄本は入手が難しい可能性があるため、児童相談所などに相談することができます。
  • 家庭裁判所が特別養子縁組が適切なのかの調査をします。裁判所に出廷し申立の動機や養子との関係などを話します。その後、家庭調査などが行われることに。
  • 家庭裁判所が養子の実親から特別養子縁組の許可を取得します。
  • 実際に里親として養子を養育し、最低6ヶ月の養育期間を経て家庭裁判所が審判を行うことに。
  • 特別養子縁組の結果を郵送で送付します。
  • 特別養子縁組が認められる通知を受け取ってから10日以内に家庭裁判所の審判書謄本、確定証明書を持って居住地の市区町村役場に特別養子縁組届けを提出してください。

⑤小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)

里親経験のある専門の人や、児童相談所の職員の経験がある人が自宅でファミリーホームを営み5〜6人を定員として子どもを養育する制度です。

経験豊かな方が里親になることで子どもたちを愛情豊かに育てていきます。

ファミリーホームは、①②と共に、「社会的養育」という行政措置の1つです。

里親の種類 里親になれる人 養子と実親との関係 里親からの相続権の有無
養育家庭里親 条件の詳細は自治体によります 親権は実親
親族里親 3親等以内の親族 親権は実親
普通養子縁組里親

養子よりも年上の成人の男女

独身も可

親権は里親

里親、実親双方から相続

特別養子縁組里親 結婚している一方が25歳以上の夫婦 親権は里親

里親のみから相続

小規模住居型

児童養育事業

児童相談所の職員経験者

里親経験者

親権は実親

(5)子どもの年齢はいくつまで?

① 養子縁組以外の里親では

里親が養育できる子どもの年齢は0歳から18歳までです。

ただし、子どもの自立を図るためにさらに養育が必要と判断された場合には、里親の承諾の元で20歳までの延長も可能です。

② 特別養子縁組では

特別養子縁組の場合には、原則6歳未満の子どもに限られます(見直し案については上記の通りです)。

ただし6歳未満から事実上養育していた場合には8歳未満まで(見直し案では17歳未満まで)特別養子縁組ができるケースもあるので、児童相談所などに確認してください。

③ 普通養子縁組では

普通養子縁組では養親よりも年下であれば養子の年齢に制約はありません。

ただし、養子が15歳未満の場合には、法定代理人や後見人の代諾が必要です。  

(6)里親になる年齢制限その他の条件は?

里親になれる年齢について、その下限は自治体によって異なります。

ちなみに東京都は25歳以上と定めています。

上限は基本的には有りません。

70代でも立派に里親をつとめている人もいますので安心してください。

ただし、普通養子縁組や特別養子縁組では子どもが成人を迎えるまでに65歳以下であることを推奨する自治体が多いとされています。       

里親になるための主な条件は、

  • 家庭円満であること
  • 家族全員が同意していること
  • 心身が健全であること
  • 児童の養育について、理解と熱意、そして児童に対する豊かな愛情があること
  • 経済的に苦しくないこと
  • 児童の養育に関し、虐待等などの問題がないこと

です。その他の詳細な条件は、各児童相談所でご確認ください。

2、里親の実体験-3つのエピソード

里親をやって良かったと感じている方の実体験談を3つご紹介します。

(1)子どもに恵まれない夫婦が養育里親になった体験談

子どもが苦手な女性が子どもに恵まれなくても構わないと感じていました。

しかし、40歳を迎える頃に少しの寂しさがこみ上がったのです。

早速「里親」制度を利用し、里親に申請し、小学一年生の男の子の週末だけの里親になってみました。

児童虐待のニュースを見て夫婦で思い切った決断に至ったのです。

最初のうちは週末だけの親子関係に満足し、素直で可愛い我が子を持てたことに満足していました。

しかし、お正月の長期外泊で親子関係が深まった頃に施設に送り返すことに違和感を感じたのです。

息子の方も外泊の後職員から「寂しくて泣いたらだめだよ!」の言葉に泣きそうな表情を浮かべていたとのレポートを目にしました。

そのときタイミングよく施設の職員から同居をする養育里親になってみないか?と声をかけられたのです。

息子に真実の愛情を抱き始めていた女性は夫にも提案してみました。

反対されるかと思いきや夫も本当の親子のように愛しさを実感していたのです。

こうして養育里親として息子と同居するに至りました。

息子が友人と会話をしているときに「本当の親がいないなんてかわいそうだな」の一言に「結構僕は幸せだよ。もう少し優しい里親ならもっと良かったな」と冗談を言っているのを耳にして、女性は母親として感無量になりました。

冗談を言えるほどに親子関係の絆が深まる養育里親は素敵なことです。

参考:http://sakai-satooya.jp/experiences/2015/1/

(2)ファミリーホームで里親をしている体験談

たくさんの子どもたちの里親を経て子どもたちを養育している方の体験談です。

子どもを引き取り里親として7年経った頃です。

「私たちは血は繋がっていないけど、家族みんなで絆は繋がっているね」と話しました。

子どもからは驚くべき回答が。

「そろそろ血も繋がっているかもしれないね」と。

愛情をもって育てていけば子どもとの絆は本当に強くなっていきます。

子どもに血のつながりまで感じてもらえるのが里親をやって良かったと感じる瞬間だそうです。

参考:https://toyokeizai.net/articles/-/244801?page=3

(3)不妊治療と流産を繰り返し里親にたどり着いた体験談

子どもが授からない夫婦が不妊治療と流産を繰り返し、もう出産はできないと医師に宣告されて里親制度に申請をしました。

どうしても子どもを育ててみたい心が消えなかったのです。

里親登録をしてすぐに0歳の男児の里親のお話が舞い込みました。

希望は女児でしたが運命の出会いに感じられ迷うことなく委託をお願いしたのです。

子どもにはアトピーなどもあり夜中にずっと看病したりしながら本物の愛情が芽生えていきました。

男児も1歳を迎え、今では本当の親子のように感じるとのこと。

いつかは血のつながりが無いことを告知しなければいけませんが、「愛している」と伝えられれば嬉しいなと思っているそうです。

不妊治療に疲れているなら里親制度も選択肢の一つにして欲しいとこの夫婦は話しています。

子どもをお腹に授かることも腕に授かることも変わりない愛情で接していければ同じことなのかもしれません。

参考:https://www.pref.aichi.jp/owari-fukushi/jiso/annai/satooya/experience/experience.html

関連記事:

ピックアップ

脱税の時効成立が難しい理由とは?刑罰や時効について知るべきこと
窃盗罪は時効で逃げ切れる?時効期間と処罰を免れる方法を解説
殺人罪に時効はない?刑罰を軽くするために知るべき7つのこと
手切れ金は支払うべき?相場や対処法を弁護士が解説