男性育休促進とともに、手作り不要な離乳食を推進したい。楽なら継続できる

離乳食の後片付け

食器の片付けや皿洗いは簡単な作業です。

一方で赤ちゃん周りの片付けは、食べさせるのがうまくいかないと骨が折れます。顔や手についたドロドロのお粥、その手で触った食事台やイス、吹き出した食べ物で汚れた服や床の汚れ落としなど、片付けの労力の大部分はこの予防の成否にかかっています。

離乳食は手作りしない方が育児が充実する

ここまで書いてきて思うのは、離乳食は無理に手作りしない方がいいのではないか、ということです。やりたい人や得意な人は手作りする価値があると思いますが、そうでない人にとってはコストパフォーマンスがかなり悪いです。

離乳食は期間限定なので習熟の効用は大きくなく、(赤ちゃんなので仕方ないのですが)おいしく食べてくれるという見返りもほとんど期待できません。

市販の離乳食(ベビーフード)は食材から作る場合と比較して単価が10倍くらい高いのですが、絶対量が少ないのでメニューを考えたり作ったりする手間を含めるとベビーフードを買う方が良いのではないかと感じています。

結果としてわが家では、離乳食用の冷凍食材を部分的に使用したところ、準備が劇的に楽になりました。

アレルギーや衛生面、カロリーチェックに関しても利便性は高いです。

ベビーフードで時短した分を、赤ちゃんとの触れ合いや親の自由時間に使えれば、育児が充実するのではないでしょうか。時間だけでなく体力や精神面でも、ベビーフードの方が楽です。

手間をかけることが愛情、というのは現代的ではないので、日本でもアメリカのようにベビーフードが当たり前になると良いと思います。

育児夫婦のサブである夫には、「楽だから継続できる」ということが非常に大事です。

【豪華プレゼントが当たる!】
ただいまぎゅってでは、高級ドライヤーや豪華なお肉セットが当たる、メール会員限定プレゼントキャンペーン実施中♪
詳細はこちらをチェック

作りたい人は作る、そうでない人は買う、そういう選択がもっとしやすくなることに期待!

<ぎゅってブロガー/共働きおやじ研究所>

3歳と1歳の姉妹を持つ30代中盤の父親です。妻は育休中。祖父母サポートなし共働き家庭を続けていくために、父親育児の手法を研究しています。
研究成果を公開し、親父の地位向上を目指しています。
仕事と家庭と自己実現の三方良しが人生の目標です。

共働きおやじ研究所さんの記事一覧

配信元

ぎゅってWeb
ぎゅってWeb
全国の保育園にお届けするフリーマガジン・ぎゅっての公式サイト「ぎゅってWeb」は、子育てファミリーのための情報サイト。忙しい毎日を、スマートに効率よく! 「ぎゅっ」と時間がうまれて、子供と過ごす時間を「ぎゅっ」と濃くするために役立つ情報をお届けしています。
全国の保育園にお届けするフリーマガジン・ぎゅっての公式サイト「ぎゅってWeb」は、子育てファミリーのための情報サイト。忙しい毎日を、スマートに効率よく! 「ぎゅっ」と時間がうまれて、子供と過ごす時間を「ぎゅっ」と濃くするために役立つ情報をお届けしています。

ピックアップ

子ども用乗り物&アクティブ系おもちゃおすすめ11選!プレゼントにも
「おかあさんといっしょ」を見た娘が母にかけたほっこりした一言とは?
ミョウガ1kgを大量消費!3つの保存方法と5つのレシピを試してみた
小1はじめての夏休み前半終了!ママが気になるアレコレを赤裸々レポート