桜咲くホテル椿山荘東京で“お花見ビュッフェ”。ランチやディナーのあとは、椿アートや東京雲海を満喫して

桜咲くホテル椿山荘東京で“お花見ビュッフェ”。ランチやディナーのあとは、椿アートや東京雲海を満喫して

ホテル椿山荘東京にて、うららかな春を満喫しながら楽しめる「春のお花見ランチ&ディナービュッフェ ~椿と桜と東京雲海と~」が開催される。期間は、2022年2月13日(日)から4月10日(日)までの特定日のみ。早春の瑞々しい椿と、春爛漫の桜、そして東京雲海が庭園を華やかに彩るこの季節に、椿や桜、旬の食材で華やかに彩った料理が勢揃い。食事の後は、椿のインスタレーションアート「椿絵巻~東京椿インスタレーション・アート~」(3月13日まで開催)や、夜には「夜桜雲海」も楽しめる。

椿が作り出す絶景~椿インスタレーション~

2022年に開業70周年イヤーを迎えたホテル椿山荘東京。

1~3月にかけて約100種2,300本の椿が咲き誇る庭園を持つ同ホテルでは、椿が生み出す絶景演出「椿絵巻?東京インスタレーション・アート?」を2022年2月8日(火)から 3月13日(日)の期間限定で開催。

庭園の山頂エリアにて、椿(ヤブツバキ)の大樹の下にふわりと舞い降りた赤い椿と緑深き苔の美しいコントラストが絶景。まるで「絵巻物」のように美しい光景となっている。

日本古来より愛される椿が作り出す絶景とともに、心を潤す時間を楽しんで。

ホテル椿山荘東京の冬は、桜も同時に楽しめる

2月に早咲きの河津桜が春の訪れを告げると、3月には艶やかな修善寺寒桜、可憐なおかめ桜、大輪の陽光桜が開花。4月に近づくとソメイヨシノが開花し、約2ヶ月の間に約20種・100本の桜が、庭園を華やかに彩る。

2月にひと足早く開花する桜は、昼間に見ても素敵なことはもちろん、ライトアップされた夜に澄んだ空気の中で眺めるのも、またいい。

関連記事:

ピックアップ

森の中のドーム型テントでプライベート感抜群のキャンプを満喫。フォレストドーム木曽駒高原【長野県・木曽郡】
推し色フルーツが見つかるスイーツビュッフェ!京都センチュリーホテル「フルーツパーラービュッフェ」開催
みずみずしい桃のアフタヌーンティーを、ウェッジウッドの高級食器で召し上がれ。コンラッド東京で開催
フィンランドサウナが楽しめる“ととのう”グランピングスポット、From Pが白馬村にオ―プン!【長野県・白馬村】