不倫が相手の奥さんにばれた!悲惨な末路を避けるための対処法とは

不倫が相手の奥さんにばれた!悲惨な末路を避けるための対処法とは

「不倫の関係が相手の奥さんにばれた!いったいどのように対応すればよいのでしょうか…」

私たち弁護士のところには、このようなご相談でお見えになる方も少なくありません。

不倫はいけないことだと分かってはいても、相手と甘いひとときを過ごしているうちに罪の意識も薄れてしまい、関係を続けてしまったという方もいらっしゃることでしょう。

しかし、不倫関係が相手の奥さんにばれてしまうと、ただ事では済みません。相手の夫婦が離婚するだけでなく、あなたに慰謝料を請求されればそれを支払わなければなりません。不倫していた側の女性は、早急に適切な対処法をとらなければ、悲惨な末路を迎えてしまう可能性が十分にあります。

そこで今回は、

  • 不倫が相手の奥さんにばれた女性の末路とは
  • 悲惨な末路を避けるための対処法
  • 慰謝料の支払いを回避するための方法

などについて、不倫問題に詳しいベリーベスト法律事務所の弁護士が詳しく解説していきます。

不倫が相手の奥さんにばれた方に正しい対処法を知っていただき、円満な解決を図るためにこの記事が手助けとなれば幸いです。

男性が不倫する心理と不倫を断ち切る方法は以下の関連記事をご覧ください。

1、不倫が相手の奥さんにばれた女性の末路とは

不倫が相手の奥さんにばれたら大変なことになるということは分かっていても、具体的にどのような末路が待ち構えているのかご存知でしょうか。

問題を放置していると、どのような末路を辿ってしまうのか、以下で具体的にみていきましょう。

(1)慰謝料の支払いに追われる

金銭的な面では、慰謝料の支払いに追われることになる可能性が高いです。

不倫の慰謝料の相場は数十万円~300万円程度と幅が広いですが、相手の夫婦が離婚した場合には200万円~300万円程度の支払いを命じられるケースが多くなっています。

あなたは、これだけの金額をすぐに支払えるでしょうか。分割払いで和解できるとしても、通常は数年以内での完済を求められます。仮に5年での支払い(60回払い)が認められたとしても、毎月約3万4,000円~5万円程度を支払い続けなければなりません。借金をして慰謝料を支払った場合は、利息もかかるので返済の負担はさらに重いものになります。

いずれにしても、生活に余裕がなくなるでしょうし、将来の夢の実現に支障が出る可能性もあります。せっかく貯めていた結婚資金がなくなってしまうということもあるかもしれません。

(2)社会的信用を失う

社会的な面でも信用を失い、行動しづらくなるおそれがあります。

職場で不倫をしていた場合、相手の奥さんにばれると職場の他の人にも不倫関係を知られてしまうことがよくあります。不倫相手とは別に彼氏が職場にいる場合には、その彼氏とも別れなければならない可能性が高いです。不倫相手とも別れ、彼氏とも別れ、その上に職場の人たちから陰口をたたかれる……という状況になると、職場にいづらくなってしまうでしょう。

転職したとしても、同じ業界内で転職した場合は、転職先の職場にも不倫の噂が及んでいて、陰口をたたかれ続けるケースもあるようです。場合によっては、近所の人たちからも噂の的になってしまい、遠くに引っ越さなければ平穏に生活を営めないという事態も考えられます。

(3)不倫相手と結婚しても苦労する

不倫相手との関係が本気だった場合は、相手の夫婦が離婚した後に不倫相手と結婚することもあるでしょう。このような結婚のことを一般的に「略奪婚」といっています。

略奪婚の場合、結婚後の生活は基本的に楽なものではありません。夫婦で慰謝料の支払いに追われてしまうでしょうし、不倫相手と元奥さんとの間に未成年の子供がいる場合には、養育費の負担もあります。経済的に余裕のある生活は、あまり期待できないかもしれません。

それでも愛さえあれば幸せになれると思われるかもしれませんが、それも確実なものとは言い切れません。なぜなら、不倫相手が離婚問題で精神的に憔悴し、さらに慰謝料や養育費の負担、子供と離れたことによる寂寥感などで、人格が変わったように暗くなってしまうこともあるからです。

そこまでいかなくても、不倫中のような甘い関係が続くと考えていると後悔することが多いようです。

2、悲惨な末路を避けるための対処法

上記のような悲惨な末路を避けるためには、どうすればいいのでしょうか。まずやるべきことは、以下の3つです。

(1)不倫はただちにやめる

不倫が相手の奥さんにばれたのなら、まず不倫相手との関係を断ちましょう。

不倫は、民法上の不法行為です。不倫がばれたにもかかわらず関係を継続していると違法性が重いと判断され、慰謝料が増額されてしまう可能性があります。

相手の奥さんからの印象も悪くなるので、許してもらうことが難しくなってしまいます。

(2)相手の奥さんに謝罪する

相手の奥さんにばれた以上は、非を認めて真摯に謝罪しましょう。悲惨な末路を回避できるかどうかは、相手の奥さんがどこまで許してくれるかにかかっています。ただちに不倫をやめて真摯に謝罪することで、できる限りの誠意を見せれば、相手の奥さんもある程度は許してくれる可能性が出てきます。

ただし、謝罪をする前に、相手の奥さんにどこまで事実がばれているのかを探っておくことは重要です。ばれたと思っていても、実際には相手の奥さんがカマをかけているだけという可能性もあります。

この問題については、この後「3」(1)で詳しくご説明します。

(3)不倫した理由を説明する

相手の奥さんに謝罪をしても、謝るだけでは許されないことも多いのが実情です。不倫した理由の説明を求められたら、きちんと説明しましょう。

ただし、事実や理由の説明というのは、話し方や話すときの態度によってずいぶん印象が異なるものです。同じ事実でも、説明の仕方次第では、「同情できる点もある」と受け取られることもあれば、相当悪質に受け取られることもあります。「言い訳に過ぎない」と受け取られることも多々あります。

言い訳にならず、それでいて相手の理解や同情を誘うような説明の仕方が理想的です。

しかし、そのような説明を行うことは簡単ではありません。

好ましい説明方法は事案によって異なりますので、事前に弁護士に相談してアドバイスを受けるとよいでしょう。

関連記事:

ピックアップ

脱税の時効成立が難しい理由とは?刑罰や時効について知るべきこと
窃盗罪は時効で逃げ切れる?時効期間と処罰を免れる方法を解説
殺人罪に時効はない?刑罰を軽くするために知るべき7つのこと
手切れ金は支払うべき?相場や対処法を弁護士が解説