不倫が相手の奥さんにばれた!悲惨な末路を避けるための対処法とは

不倫が相手の奥さんにばれた!悲惨な末路を避けるための対処法とは

5、不倫は自分だけの責任じゃない!慰謝料の求償権とは?

不倫相手の奥さんに慰謝料を支払うことになったとしても、一人ですべての責任を負わなければならないわけではありません。

不倫の加害者には「求償権」というものがあります。求償権とは、連帯して債務を負担している人の中の一人が自分の負担割合を超えて金銭を支払った場合に、超えた部分を他の債務者に支払い請求できる権利のことです。

不倫・浮気は2人で行うものですので、あなたと不倫相手は「共同不法行為者」となります。共同不法行為者は、連帯して損害を賠償する義務があるものとされています。

つまり、あなたが相手の奥さんへ慰謝料200万円を支払ったとしたら、100万円は不倫相手から返してもらうことができるのです。一人で必要以上の責任を抱え込むことがないようにしましょう。

6、不倫が相手の奥さんにばれたときは弁護士へ相談を

ここまで、不倫が相手の奥さんにばれたときの対処法を解説してきましたが、悲惨な末路を避けるためには、早い段階で弁護士へ相談することをおすすめします。

慰謝料の適正な金額は、事案によって異なります。

増額事由や減額事由があるかどうかを判断するには、専門的な法律知識が要求されます。

弁護士に相談することで、どれくらいの責任を負わなければならないかが分かります。

示談交渉を弁護士に依頼すれば、弁護士があなたの代わりに話し合いを行ってくれます。

あなたは相手の奥さんと直接やりとりする必要はありません。

仮に相手の奥さんから裁判を起こされた場合でも、弁護士の専門的なサポートを受けることによって、慰謝料の減免が期待できます。

関連記事:

ピックアップ

 認知されない子供のデメリットとは?認知してもらう方法も解説 
托卵女子とは?子どもが自分の子ではないと判明したときの対処法
雇用保険の傷病手当とは?受給条件や支給額・申請方法を解説
非親告罪とは?親告罪との違いや不起訴処分を獲得する方法を解説