「金出すって言ってんのに」夜の生活を1回増やしてと夫に懇願された。拒否するとキレて… #モラ夫 46

「金出すって言ってんのに」夜の生活を1回増やしてと夫に懇願された。拒否するとキレて… #モラ夫 46

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第46話。離婚済み2児シンママ・モグさんと顔がタイプのモラハラ元夫との体験談です。

夜の生活を強制的に再開させられ「週1」の約束がストレスになり、夜になると蕁麻疹がでるようになったモグさん。

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第46話。離婚済み2児シンママ・モグさんと顔がタイプのモラハラ元夫との体験談です。夜の生活を強制的に再開させられ「週1」の約束がストレスになり、夜になると蕁麻疹がでるようになったモグさん。


帰省しないのと引き換えに「週1」の約束を「月1」に減らす交渉に成功!


しかし夫は不満だったようで、「約束の日」だけ機嫌が良いものの、普段は無視されるようになった。


そんなある日、夫が突然「1000円あげるから、月2回にしてほしいんだけど」と信じられない提案をしてきて?!

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第46話

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第46話


「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第46話


「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第46話


「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第46話

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第46話


「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第46話


「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第46話


「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第46話

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第46話


1000円の申し出を断ると、今度は3000円で値上げして交渉してきたけれど、違う……お金じゃない。


「月1回なんてどう考えてもおかしいだろ!?」


夜の生活の回数なんて、夫婦間のペースもあるし、これは夫の主観の話だと思う。


「自分は我慢させられている被害者」だと思い込んでいるから「おかしい」「俺ばっかり」とか言えるんだろう。


「せっかく俺が金出すって言ってんのに」


お金を出すんだから、嫁は言うことを聞いて当然、というような口ぶり。


お金を出されたら従わないといけないの?

頼んだわけでもないのに。


夫はいつもお小遣いが足りないといつも言っていたから、1000円や3000円は私に出せる限界の金額なんだと思うと、悲しい気持ちになった。


今となっては笑い話にできるけれど、当時は自分の価値が1000円しかないことに心底落ち込んだ。


著者:マンガ家・イラストレーター モグ

2児の母でシングルマザー。顔が好みの夫と結婚したら結婚後モラハラ夫に豹変。数年間モラハラに気付かず結婚生活を送っていた。著書『顔で選んだダンナはモラハラの塊でした』(KADOKAWA)

blog:顔で選んで心で泣いて

関連記事:

配信元

ベビーカレンダー ロゴ
ベビーカレンダー
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ピックアップ

<男性恐怖症の私>「もう恋愛はできない」付きまとうトラウマ。男性に絶望した瞬間とは
<夫の不倫>「お父さんも不倫していたの」義母から衝撃告白が飛び出し…
「いつもと同じ量なのに!」なんだか酔いやすい!気を付けたいその理由は…
<ママの社会復帰>「なるほど…」美容部員時代に感じた事をありのまま伝えたところ…!?