ロッテの新グミ、歯が折れそうだしアゴ鍛えられそう

ロッテの新グミ、歯が折れそうだしアゴ鍛えられそう

第5848回 今日のこれ注目!ママテナピックアップ
仕事や勉強中、お口がちょっとさみしいときなどに、ついグミを食べてしまうという方は少なくないのでは? いろんなフレーバーの商品が販売されているので選ぶ楽しさがありますが、味と同じくらい(またはそれ以上?)重要になってくるのがグミの硬さですよね。柔らかいグミよりも噛みごたえのある硬いグミが好みの方におすすめできる新商品が登場したんです。

ロッテの「パスティーユ」

ロッテは2022年3月22日(火)に、超・弾力ハード食感グミ「パスティーユ<グレープ>」と「パスティーユ<レモン>」(各・想定小売価格:税込194円前後)を発売しました。

ロッテの新グミ、歯が折れそうだしアゴ鍛えられそう

“パスティーユ”とは、フランス語で「小粒の飴状の菓子」を意味し、通常のグミよりも水分が低く、とても硬く弾力のあるグミです。ガムとキャンディとグミを足したような食感で噛んでも舐めても食べられるお菓子なのだとか。

噛むことにこだわったロッテは、“日本人の嗜好に合わせ製法・配合を見直して、チューイング性がありながら硬い噛み応えを楽しめる製法と配合を新たに開発。クセになる噛み心地を楽しめる、日本版パスティーユを提案いたします”とのこと。

スンゴイ硬さ

じつは筆者は、硬さを測定する機材を使用して、いろんなグミの硬さを調べたことがあるくらい硬いグミが好きです。なので、「パスティーユ<グレープ>」と「パスティーユ<レモン>」はとても気になる存在!

ゲットした商品を開封してみると、小粒のグミが出てきました。

ロッテの新グミ、歯が折れそうだしアゴ鍛えられそう

ロッテの新グミ、歯が折れそうだしアゴ鍛えられそう

さっそく食べてみると、“超・弾力ハード食感グミ”という表現に納得してしまうほどの硬さでイイ! 冗談抜きで「歯が折れそう」とか「アゴが鍛えられそう」(どちらも誉め言葉)と考えてしまうほどの弾力と硬さで、硬いグミが好きな筆者にとっては最高のグミですね。

ちなみに味に関してはグレープよりもレモンが好み! 噛めば噛むほどに広がるレモンの爽やかな風味がとっても心地よかったです。ハード系食感のグミが好みの方は、必ずチェックしてみてください。
(文・撮影:奈古善晴/オルメカ)

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
オルメカ
奈古善晴
オルメカ
約10年間車屋に勤務。アートディレクターとして自社サイト・販促物の制作、広告運用などを担当。その後、編集プロダクションに転職し、編集者・ライターとしての実績を積む。現在は独立し、「マイマガジン」の一部コンテンツのディレクションなどを担当。過去に「editeur」や「ビジどこ会員サイト」「ままのわ」「スーモジャーナル」などに寄稿。
約10年間車屋に勤務。アートディレクターとして自社サイト・販促物の制作、広告運用などを担当。その後、編集プロダクションに転職し、編集者・ライターとしての実績を積む。現在は独立し、「マイマガジン」の一部コンテンツのディレクションなどを担当。過去に「editeur」や「ビジどこ会員サイト」「ままのわ」「スーモジャーナル」などに寄稿。

ピックアップ

森永製菓とビアードパパがコラボ「ビスケットサンド<パイシュークリーム味>」が話題に
人気アイスがまた銘菓コラボ!今回のコラボ相手は?
「絶対うまいやつ」「まとめ買いした」全国で買える話題のアイスとは
大人気チェーン店がカップ麺になった!熟成醤油が味の決め手!