オーブンでほったらかしレシピ。子どもも夢中で食べる「簡単のり塩ポテト」

オーブンでほったらかしレシピ。子どもも夢中で食べる「簡単のり塩ポテト」

オーブン料理は、時間をセットすれば焼いている時間はじっと見ている必要もなく時間が終わればでき上がっているという、魔法のように簡単な工程です。小麦卵乳不使用の米粉パン教室主宰し「みんなで食べられる」をモットーにレッスンやレシピ作りをしているてんまはるな(@harunatenma)が、オーブンを使ったフライドポテト風「のり塩ポテト」の作り方。全く同じ調理方法で、かぼちゃやさつまいものアレンジレシピを紹介します。

オーブンでほったらかしごはん作りができちゃう

自宅のオーブンレンジは電子レンジ機能しか使わない、またはオーブン機能を使うのはたまにおやつを作るだけ…という方はいませんか?オーブンで野菜を焼くと「入れたあとはほったらかし」でおいしい料理ができ上がります。

特に根菜類はほくほくして子どもと一緒に食べやすいので、じゃがいもやさつまいもで今日のレシピをぜひ試してみてくださいね。

オーブンでほったらかし、のり塩ポテトの作り方

©harunatenma

油をまぶしてからオーブンで焼くことで、まるでフライドポテトのように表面は焼き色がつき中はホクホク。そのまま塩で食べてもおいしいですが、お好み焼きやたこ焼きにトッピングされる「あおさ」をかけて見た目も鮮やかな簡単オーブンポテトを作りましょう。

材料(天板1枚分)

・じゃがいも・・・2個

・オリーブ油・・・小さじ1

・あおさ・・・適量

・塩・・・適量

作り方

①じゃがいもをくし切りにして、天板の上で油をかける

©harunatenma

皮ごと食べるので皮についている土はたわしなどでしっかり洗い落とし、芽があれば取り除きましょう。オーブンシートをしいた天板に切ったじゃがいもをのせ、オリーブ油をかけて手で全体になじませます。

②オーブンで焼く

©harunatenma

予熱なしのオーブン210℃で30~35分焼きます。焼き色が付きづらいオーブンの場合は時間や温度を調整してください。焼成後、竹串をさしてスッと通ればOKです。

オーブンレシピは事前に予熱をしてオーブン庫内が十分に熱くなってから具材を入れることがほとんどですが、根菜は低温からゆっくり温度を上げて焼くことで中までしっかり火が通りやすくなるので「予熱なし」から入れています。

③あおさ、塩をまぶして完成

©harunatenma

天板の上のまま、全体にあおさ、塩を全体にまんべんなくかけて完成です。岩塩を使うとより深みのある味わいになりますよ。

離乳食に使いたい場合はその分だけよけて、塩をかけずにそのまま出せば手づかみ食にぴったりです。

関連記事:

ピックアップ

お金借り放題だった義妹を観念させた、実父の正論|義実家からお金の無心をされた話#6
「小雨」を表現した、5歳のワードセンスに母はキュンとした
「リモコンどこ?」にさようなら【100均】ラップスタンドを使った収納テク
きれいめ・カジュアルどっちもいける【しまむら】楽ちんオールインワン