「言葉が出てこない」原因をご存知ですか?医師が徹底解説!

「言葉が出てこない」原因をご存知ですか?医師が徹底解説!

言葉が出てこない時、身体はどんなサインを発しているのでしょうか?Medical DOC監修医が考えられる病気や何科へ受診すべきか・対処法などを解説します。気になる症状は迷わず病院を受診してください。

村上 友太 医師

監修医師:
村上 友太 医師(東京予防クリニック)

医師、医学博士。福島県立医科大学医学部卒業。福島県立医科大学脳神経外科学講座助教として基礎・臨床研究、教育、臨床業務に従事した経験がある。現在、東京予防クリニック院長として内科疾患や脳神経疾患、予防医療を中心に診療している。
脳神経外科専門医、脳卒中専門医、神経内視鏡技術認定医。日本認知症学会、抗加齢医学会、日本内科学会などの各会員。

「言葉が出てこない」症状で考えられる病気と対処法

緊張して思ったように言葉が出てこなかった経験は誰しもあると思います。言葉が思うように出ないと困りますよね。言葉が出てこないという症状の中には、全く何も話せないという症状から、声は出るけれども何を言っているかわからないまでいろいろなものが含まれます。ここでは言葉が出ない時にどのような病気が考えられるかについてご紹介します。

言葉が出てこない症状で考えられる原因と治し方

声を出すことはできるものの、話している内容や自身の状況が理解できず、物の名前が言えない、意味をなさない内容を話すなどの症状を指します。このような場合、感覚性失語が疑われます。感覚性失語の原因は脳梗塞や脳出血が疑われるため、このような症状が突然出現した場合には、すぐに脳神経内科や脳神経外科を受診してください。

言葉が出てこない・ 頭が回らない症状で考えられる原因と治し方

話はできるものの、固有名詞などが思い出せずに「あれ」や「これ」といった指示語が増えたり、理屈に合わないことを話して会話がかみ合わなかったりする症状を指します。このような場合、認知症が疑われます。
認知症には代表的なものとして、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症があり、アルツハイマー型認知症では物忘れが目立ち、レビー小体型認知症では幻覚が見えることが多く、前頭側頭型認知症では欲求に忠実に行動してしまい規律が守れなくなります。
どれも進行性の認知機能低下で症状の改善は困難ですが、他人と積極的に交流したり、パズルを解いたりと頭を使うことで認知機能の維持を目指すことができます。徐々に進行する場合には緊急性はありませんが、脳梗塞などで急激に認知機能が悪化する場合があり、その際はすぐに脳神経内科を受診してください。

言葉が出てこない・上手く話せない症状で考えられる原因と治し方

話すことはできるけども、呂律がまわらずうまく話せない症状を指します。このような場合、構音障害と考えられます。

構音障害

構音障害は、唇や口腔内、舌などの動きが悪くなることで起こる症状で、脳梗塞や脳出血、神経変性疾患(パーキンソン病や脊髄小脳変性症など)、顔面神経麻痺、顔面の外傷など原因はさまざまです。意識的に言葉を出す練習をすることで症状は改善することもありますが、原因に対する治療が必要な場合がほとんどであるため、構音障害が出現した場合にはすぐに脳神経内科を受診してください。

言葉が出てこない・どもる症状で考えられる原因と治し方

思ったことを言葉にできず、どもってしまうような症状を指します。このような場合、適応障害や運動性失語などが疑われます。
発表などの特定環境下でのみ症状がある場合には適応障害と考えられ、緊張するような状況を避けることで症状は出にくくなります。緊張感の少ない環境から徐々に状況に慣れさせる、考え方を変える(認知行動療法)ことで症状が改善することもありますが、過度な負担になりうつ状態になることもあるため注意が必要です。緊急性はありませんが、生活への支障が大きい場合には心療内科・精神科を受診してください。
状況に関係なく言葉が出しづらく、言葉を出すのに努力が必要であったり、とぎれとぎれにしか話せなかったりする場合には運動性失語と考えられます。脳梗塞や脳出血が原因である場合が多く、これらの症状が見られた場合には、すぐに脳神経内科や脳神経外科を受診してください。

20代で言葉が出てこない症状で考えられる原因と治し方

口蓋裂や脳性まひなどの先天性疾患や小児期に発症した疾患の後遺症など、それ以前から言葉が出てこない状態を除いた上で、20代で言葉が出てこなくないという症状を指します。
このような場合、酩酊、睡眠不足などの環境要因も考えられますが、適応障害や自律神経失調症、てんかん発作でも症状が現れることがあります。普段は問題なく会話できる場合には、生活リズムを整えてストレスを避けて生活することで改善することがあります。生活に支障がある場合や同様の症状を繰り返す場合には心療内科を受診してください。
なお、突然うまく話せなくなり、原因がはっきりしない場合には若年であっても脳梗塞や脳出血の可能性があります。もやもや病やファブリー病などでは若年者でも脳梗塞や脳出血を発症することがあります。環境によらずに突然発症した場合や話しにくさが続く場合には、すぐに脳神経内科を受診してください。

すぐに病院へ行くべき「言葉が出てこない」に関する症状

ここまでは症状が起きたときの原因と対処法を紹介しました。
応急処置をして症状が落ち着いても放置してはいけない症状がいくつかあります。
以下のような症状がみられる際にはすぐに病院に受診しましょう。

突然言葉が出なくなった場合は、脳神経内科・脳神経外科へ

突然に言葉が上手く出せなくなる、会話が成り立たなくなる、呂律がまわらなくなるなどの症状がある場合には脳卒中(脳梗塞、脳出血)が疑われます。右半身(もしくは利き手側の半身)の麻痺やしびれを伴うこともあります。そのような症状が出現した場合には、救急車ですぐに脳神経内科や脳神経外科を受診してください。

関連記事:

ピックアップ

「毛嚢炎」ってどんな病気?具体的な症状や原因も解説!
~実録・闘病体験記~ 1か月も続いた原因不明の発熱は「高安動脈炎」によるものだった
【低用量ピル】効果解説! 副作用や生理痛改善、子宮内膜症・不妊の予防など
「敗血症」ってどんな病気?具体的な症状や予防法を3つご紹介!