「目の周りが赤い」原因をご存知ですか?医師が徹底解説!

「目の周りが赤い」原因をご存知ですか?医師が徹底解説!

目の周りが赤い時、身体はどんなサインを発しているのでしょうか?Medical DOC監修医が考えられる病気や何科へ受診すべきか・対処法などを解説します。気になる症状は迷わず病院を受診してください。

村上 友太 医師

監修医師:
村上 友太 医師(東京予防クリニック)

医師、医学博士。福島県立医科大学医学部卒業。福島県立医科大学脳神経外科学講座助教として基礎・臨床研究、教育、臨床業務に従事した経験がある。現在、東京予防クリニック院長として内科疾患や脳神経疾患、予防医療を中心に診療している。
脳神経外科専門医、脳卒中専門医、神経内視鏡技術認定医。日本認知症学会、抗加齢医学会、日本内科学会などの各会員。

「目の周りが赤い」症状で考えられる病気と対処法

目の周りが赤い症状で考えられる病気は、アレルギーやかぶれ、アトピー性皮膚炎などさまざまです。かゆい場合や痛みを伴うことも多く、気になって触ってしまいがちですが、どの病気であってもできるだけ触らないようにすることが原則です。それぞれの病気とその対処法についてご紹介します。

目の周りが赤い症状で考えられる原因と治し方

目の周りが赤くなる場合、化粧品やヘアカラーなどによるかぶれ(接触性皮膚炎)や、花粉症などのアレルギー、まぶたに炎症を起こす眼瞼炎、結膜炎、乾燥や睡眠不足などが疑われます。

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎の場合は、赤みに加えかゆみやヒリヒリ感を伴うことがほとんどです。原因となる物質を特定して遠ざけることが大切です。目の周囲のかぶれの原因に多いものは、化粧品や点眼薬、ビューラー、花粉などです。原因物質を水などで洗い流し、手で触ったりこすったりしないようにしましょう。目には、防腐剤の入っていない人工涙液の目薬を点眼するといいでしょう。それでもまぶたなどの皮膚の症状が続く場合は皮膚科へ、結膜など目の症状が続く場合は眼科を受診しましょう。

花粉症

花粉症などのアレルギーの場合は、目のかゆみや充血、目やになどの症状が現れます。目がかゆくてかいてしまうと、まぶたの皮膚が擦れて目の周囲も赤くなってしまうこともあります。原因となるアレルゲンに接触しないようにすることが大切です。花粉症の場合は外出時にマスクやメガネをしましょう。花粉症用のメガネは花粉が1/4程度に減少することがわかっています。帰宅後は顔を洗いましょう。それでも症状が治らない場合は、抗アレルギー薬の点眼などの治療法があるので眼科を受診しましょう。

目の周りが赤く、かゆくない症状で考えられる原因と治し方

目の周りが赤いけれども、かゆくない場合、麦粒腫、霰粒腫などが疑われます。

麦粒腫

麦粒腫は、「ものもらい」や「めばちこ」とも呼ばれますが、まぶたの皮脂腺などに細菌が感染して炎症を起こす病気です。まぶたが赤く腫れ、痛みを伴う症状が現れます。まぶたの縁にある皮脂腺などへの細菌感染が原因であるため、抗菌薬の点眼が有効です。

霰粒腫

霰粒腫は、まぶたの皮脂腺が詰まってしまう病気です。まぶたが腫れたり、しこりができたりします。温かいタオルをあてると詰まりが解消され症状が和らぐ可能性があります。それでも症状が良くならない場合は、切開して内容物を排出する治療が必要になったり、悪性腫瘍との鑑別が必要となったりすることもあるため注意が必要です。早めに眼科を受診しましょう。

目の周りが赤く、かゆい症状で考えられる原因と治し方

目の周りが赤く、かゆい場合は、アレルギーや虫刺されなどが疑われます。

アレルギー

アレルギーとは、外部から入ってきた物に対して免疫が過剰に働いてしまう状態のことです。症状の特徴は、かゆみを伴うことです。目の結膜にアレルギー反応が起こると、充血や涙が出たり、皮膚にアレルギー反応が起こると、赤くなり、腫れたりするなどの症状が現れます。アレルギーの対策は、原因物質の特定と除去です。症状が改善しない場合は皮膚科を受診しましょう。

虫さされ

虫さされの場合は、痛みやかゆみ、赤み、腫れなどが現れます。蚊やダニ、ハチなどの虫が原因となります。刺された場合は、傷口から雑菌が入らないようできるだけ早く水で洗い流し消毒し、患部を冷やしましょう。症状が改善しない場合は皮膚科を受診しましょう。
ハチやムカデ、毛虫などに刺された場合は、刺された部位だけでなく全身に症状が及ぶアナフィラキシーショックにつながる可能性もあります。体調に異変を感じたり、呼吸困難、血圧低下などの症状が現れたら、すぐに内科や救急科を受診しましょう。

目の周りが赤く、腫れている症状で考えられる原因と治し方

目の周りが赤く、腫れている場合、麦粒腫やクインケ浮腫などが疑われます。

クインケ浮腫

クインケ浮腫とは、蕁麻疹の一種で、何らかの理由で血管やリンパ菅の外に水が漏れ出て、腫れを引き起こす病気です。症状の特徴は、まぶたや口の唇が腫れること、数時間で腫れて3日程度で消えることが多いこと、指で押してもあとが残らないことなどです。原因は、遺伝、食べ物や薬剤へのアレルギーや、温熱、寒冷、外傷、ストレス、日光などの影響が考えられています。原因物質を避けることやストレスを溜めないことが大切です。再発を繰り返す場合は、内科を受診しましょう。

目の周りが赤く、カサカサする症状で考えられる原因と治し方

目の周りが赤く、カサカサする場合、皮膚の乾燥などの他、アトピー性皮膚炎などが疑われます。
目の周りの皮膚は大変薄く、デリケートです。皮膚が乾燥する原因には、日焼けや肌のバリア機能低下、食生活の乱れなどが考えられます。日焼け止めを塗り、風呂上がりには保湿剤を使用するなどスキンケアを入念に続けましょう。バランスの良い食事や十分な睡眠時間を確保することも重要です。
アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹が良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。下記で詳しく説明します。

目の周りに赤い斑点があってかゆい症状で考えられる原因と治し方

目の周りに赤い斑点があってかゆい、さらに痛みを感じることがあります。このような場合、水ぼうそうや帯状疱疹などが疑われます。

水ぼうそう

水ぼうそうとは、水痘帯状疱疹ウイルスに初めて感染したときに発症する病気です。90%以上の人が10歳までに感染し、一度かかると免疫ができて生涯かかることはありません。
症状の特徴は、赤く小さな発疹が頭や顔に現れ、その後全身に広がり、数日で赤い水ぶくれになり、その後かさぶたになって治るという経過をたどることです。水ぶくれは強いかゆみを伴いますが、掻きむしると傷跡が残る可能性があるため掻かないようにしましょう。70%程度の人が発熱を伴います。
水ぼうそうのウイルスは感染力が非常に強いため、感染力がある間は登校・登園は禁止です。発疹が出る1-2日前から水ぶくれが全てかさぶたになるまでの期間に強い感染力があります。早めに皮膚科や小児科を受診した方が良いのですが、水ぼうそうは感染力が強いため、待合室で他の患者さんにうつってしまう(二次感染)可能性があります。受診前に電話をして、水ぼうそうの可能性があることを伝え相談すると良いでしょう。

帯状疱疹

帯状疱疹は、子どもの頃にかかった水ぼうそうのウイルス(水痘帯状疱疹ウイルス)が免疫の低下などにより再活性化して発症する病気です。症状の特徴は、赤い膨らんだ斑点や水ぶくれが神経の走行に沿って帯状に現れて、ピリピリとした痛みが現れることです。かゆみを伴うこともあります。症状が目の周りに現れた場合は、目が赤くなる、まぶたが腫れることもあります。目の周辺に現れる帯状疱疹は視力低下などをきたすこともあり注意が必要です。疑わしい場合は早めに眼科を受診しましょう。皮膚症状が出て72時間以内に治療を開始すれば比較的治りが早いと言われています。

すぐに病院へ行くべき「目の周りが赤い」に関する症状

ここまでは症状が起きたときの原因と対処法を紹介しました。
応急処置をして症状が落ち着いても放置してはいけない症状がいくつかあります。
以下のような症状がみられる際にはすぐに病院に受診しましょう。

目の周りが赤く、強い痛みがある症状は眼科へ

強い痛みがある、まぶたが腫れる、眼球が突出するなどの症状がある場合は、眼窩蜂窩織炎(がんかほうかしきえん)の可能性があります。眼窩とは眼球が入っている頭蓋骨のくぼみのことで、その場所が感染し炎症を起こした状態です。副鼻腔の炎症や歯の病気から感染が波及して起こることが多いと言われます。非常に強い痛みを伴うことが特徴です。十分に治療を行わないと失明につながったり、感染が脳や脊髄に広がったりすることもあり大変危険です。目の周辺に強い痛みがある場合はすぐに眼科を受診しましょう。基本的には入院での治療が必要な病気です。

関連記事:

ピックアップ

「毛嚢炎」ってどんな病気?具体的な症状や原因も解説!
~実録・闘病体験記~ 1か月も続いた原因不明の発熱は「高安動脈炎」によるものだった
【低用量ピル】効果解説! 副作用や生理痛改善、子宮内膜症・不妊の予防など
「敗血症」ってどんな病気?具体的な症状や予防法を3つご紹介!