新型コロナ後遺症 医療従事者向け手引を改訂

新型コロナ後遺症 医療従事者向け手引を改訂

厚生労働省は新型コロナウイルス感染症の後遺症の診断方法などを示した医療従事者向け手引を改訂しました。このニュースについて甲斐先生にお話を伺います。

監修医師:
甲斐沼 孟(医師)

2007年大阪市立大学医学部医学科卒業、2009年大阪急性期総合医療センター外科後期臨床研修医、2010年大阪労災病院心臓血管外科後期臨床研修医、2012年国立病院機構大阪医療センター心臓血管外科医員、2013年大阪大学医学部附属病院心臓血管外科非常勤医師、2014年国家公務員共済組合連合会大手前病院救急科医員、2021年国家公務員共済組合連合会大手前病院救急科医長。
著書は「都市部二次救急1病院における高齢者救急医療の現状と今後の展望」「高齢化社会における大阪市中心部の二次救急1病院での救急医療の現状」「播種性血管内凝固症候群を合併した急性壊死性胆嚢炎に対してrTM投与および腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行し良好な経過を得た一例」など多数。
日本外科学会専門医 日本病院総合診療医学会認定医など。

改訂された医療従事者向け手引きの内容は?

厚生労働省が改訂した医療従事者向け手引きの内容について教えてください。

甲斐沼先生

今回、厚生労働省が改訂したのは、後遺症についての診療の手引きになります。「新型コロナウイルス感染症診療の手引き」の別冊にあたる「罹患後症状のマネジメント」というタイトルがつけられています。この手引きは感染症の専門家などで作る委員会が医療関係者向けにまとめたもので、2021年12月に出した暫定版を改訂して今回第1版として公表されました。手引きでは、感染後に少なくとも2か月以上続く後遺症を罹患後症状としていて、症状の種類ごとに知見や診療の流れを提示しています。また、リハビリテーションや職場など社会復帰に向けた医療的な支援などについても具体的な事例を挙げて紹介していています。

後遺症の現状は?

後遺症の現状について教えてください。

甲斐沼先生

新型コロナウイルス感染症に罹患したのち、一定期間の治療や療養が終わっても症状が長引いて後遺症として認識される場合があります。厚生労働省の研究によれば、2020年9月~2021年5月までにCOVID-19で入院した中等症以上の重症度を呈する症例において、退院してから3か月後に撮影した肺CT画像にて異常所見があった割合は353例中190例(約54%)でした。
また、2020年1月からおよそ1年間かけて実施された研究では、COVID-19 PCR検査で陽性と判明して入院した症例(N=246例)のなかで、診断後6か月経過しても残存している症状頻度は、倦怠感21%、息苦しさ13%、睡眠障害や集中力低下11%であり、嗅覚味覚障害は9%と他の症状に比べて低い数値でした。

関連記事:

ピックアップ

「毛嚢炎」ってどんな病気?具体的な症状や原因も解説!
~実録・闘病体験記~ 1か月も続いた原因不明の発熱は「高安動脈炎」によるものだった
【低用量ピル】効果解説! 副作用や生理痛改善、子宮内膜症・不妊の予防など
「敗血症」ってどんな病気?具体的な症状や予防法を3つご紹介!