乳製品・動物性原料を使わない『植物バター』が思ったより濃厚だった!【プラントベース】

乳製品・動物性原料を使わない『植物バター』が思ったより濃厚だった!【プラントベース】

近年、植物性代替食品が注目されている。動物性の原料を一切使わずに作られている食品のことで、健康や環境への配慮からも植物性を選択する人が増えている。今回ご紹介するのは『植物バター』。乳製品など動物性原料は一切使わずに、バターに劣らない濃厚なコクを生み出しており、次なるトレンド食材として注目しておきたい商品だ。

マーガリンと違い、プラントベースで作られたSDGsなバター、その実力は?

マリンフード(大阪府)はマーガリン、チーズ、ホットケーキを主力とする多彩な商品の製造・販売を手掛ける食品メーカーだ。植物代替食品(プラントベースフード)は、健康意識への高まりや、SDGsの観点からも持続可能な食品として注目されることが多い。

当然、乳製品をたっぷりと使うバターは動物性食品。その動物性原料を一切使わずに作ったのが『植物バター』(160g・希望小売価格 税込315円・2022年4月1日発売)である。

実は植物油脂が使われているマーガリンは、ほとんどの商品で粉乳や生クリーム、バターなどの動物性原料で味付けをしており、動物性原料を使用していることが多いのだ。メーカーによると『植物バター』はヴィーガン、フレキシタリアンの人に対応した商品だという。

そして一般的に植物バターと聞くと、マーガリンのようなややあっさりとした味わいをイメージするかもしれない。動物性原料を使ったバターと比べると、どこか物足りなさを感じてしまうものだった。そこを克服したのがマリンフードの『植物バター』だ。

同一製造ラインにて乳成分を含む製品を製造。原材料 :食用植物油脂(国内製造)、食用精製加工油脂、発酵調味料、食塩、ココナッツペースト、酵母エキス/乳化剤、香料、着色料(カロテン)、(一部に大豆を含む)

加熱しても濃厚な味わいになるように、使用したのはココナッツペースト。旨味を出すために使われているのが、酵母エキスや発酵調味料。

まるで本物のバターのようなおいしさ

パッケージの形もあるが、パッと見た感じではマーガリンのよう。

冷蔵庫から取り出してすぐに使えるソフトタイプ。

いつでもスッとバターナイフが入るやわらかさ。

トーストしたパンにたっぷり塗って頂いてみよう。焼きたてのパンに塗ると、熱でじんわりと溶けて生地に「植物バター」が染み込んでいく。

関連記事:

ピックアップ

【マクドナルド6月最新情報】新潟県産コシヒカリを100%使用した3種の『ごはんバーガー』が6/29(水)から「夜マック®」に期間限定で登場!
『健康管理食 多幸源II』働き盛りの健康を食生活から管理! レンジでチンだけの簡単な健康管理食の宅配サービス!
鰹節屋が作る風味豊かな『濃醇だし』でさっぱりおいしいかけダレを作ろう!
調理から保存まで幅広く繰り返し使える『stasher ボウルコレクション』が新登場!