創業90余年のマルモ青木味噌が作った『みんなのマルモみそレシピ』が好評公開中

みそ・糀の製造並びに販売を手掛けるマルモ青木味噌醬油醸造場は、インスタグラムにてフォロワー約5,500名から募集した『みんなのマルモみそレシピ』を、2022年春よりHPで公開中だ。

レシピ開発の背景

新型コロナウイルス禍によって家での時間が増えた影響で、自宅で食事を食べる回数や料理を作る回数が増え、食生活に変化が見られた(※)。

また、2021年の日本金融政策公庫『消費者動向調査』の食の志向に関する調査によると、低下傾向にあった「健康志向」が上昇に転じていることがわかっている。

そんななか、スーパーマーケットの売上増加、発酵食品への注目上昇などが要因となり、同社では2020年の売上が増加。

加えてインスタグラムでは、フォロワーがコロナ禍前の2019年冬から2020年冬にかけて約2000人増加し、健康・料理・レシピへの関心の高まりを実感したという。

そこで、「もっと手軽で、健康的なみそレシピが知りたい」という消費者からのニーズに応えるべく、レシピ開発をスタート。

しかし、レシピ開発を行う人手が不足していたため、昨年3月から5月までの期間、インスタグラムの約5,500名のフォロワーに向けて、みそを使用したレシピを募集するキャンペーンが実施された。

コロナ禍の自炊ニーズに応える手作りレシピ

応募レシピや公式アンバサダーによる投稿から集められた「生みそ」レシピは、『みんなのマルモみそレシピ』として、同社公式ホームページやインスタグラムにて公開されている。

レシピには3つの特長がある。1つめは、みそ汁以外の豊富なアイデアみそレシピということ。通常、みそ=みそ汁がイメージされやすいが、同社の「生みそ」であれば幅広い料理に利用できる。そのため、おかずにぴったりの炒め物やパスタやラーメンまで、幅広いレシピが揃っている。

2つめは、誰もが作りやすいレシピになっていること。同社の「生みそ」を使っているユーザー目線のレシピだからこそ、家庭にある材料で気軽に挑戦できる。

3つめは、甘酒や米こうじから作られた塩・醤油こうじを使用した発酵レシピの掲載。みそだけでなく、幅広い発酵食品を身近に感じられるレシピ集となっている。

ピックアップ

マリアナ政府観光局が観光客誘致を本格再開!成田-サイパン線が9月より運航開始
SUNSET BEACH PARK INAGEにて、サクレ初の屋外フェスタ「サクレ夏フェスタ2022」開催
「アリエール部屋干しプラス」が5年ぶりに大改良!煮沸レベルの消臭力にパワーアップ
全ファンデーション対応!毛穴や色ムラを均一にカバーするメイクブラシが新発売