銀座三越に「アートアクアリウム美術館 GINZA」がオープン!金魚たちが優美に舞い踊る幻想空間にうっとり

銀座三越に「アートアクアリウム美術館 GINZA」がオープン!金魚たちが優美に舞い踊る幻想空間にうっとり

「百花繚乱~進化するアート~」をテーマに、2022年5月3日(火・祝)、銀座三越新館8階にオープンした「アートアクアリウム美術館 GINZA」。生命が宿る美術館として人気を博すアートアクアリウムの世界観に、新たな展示内容が加わる。幻想的な空間を華やかに彩る金魚たちの舞い姿を楽しんで。

幻想世界の入口には多彩な灯籠と奈良の春を彩る伝承行事のイメージが

静寂閑雅エリア 銀座万灯籠

「百花繚乱~進化するアート~」というテーマのもと、館内では展示エリアごとにコンセプトを設けている。

例えば、幻想的な世界への入口となる「静寂閑雅」のエリアには、ゲストをお迎えするように約70種類の灯籠を展示。これらは独自に収集されたもので、時代も形状も全く異なる。この灯籠のアーチをくぐることで、銀座の街の賑わいからアートアクアリウムの幻想世界へと足を踏み入れるイメージになっている。

また、金魚の三大産地でもある奈良県の大和郡山に関連して、背景には奈良を想起させる春日大社と東大寺二月堂のモチーフを取り入れている。背景に広がる金魚の回廊が、落ちてくる火の粉の様子をイメージさせ、まさに東大寺の春の風物詩「お水取り」の松明の炎のよう。

新作金魚がずらり!品種改良された金魚が美しく列をなす空間

百花繚乱エリア 新金魚品評

「百花繚乱」エリアには、これまで円形だった「新金魚品評」の四角型の新作が勢揃い。古来から品種改良されてきた金魚たちを、ずらりと二十四台に配置している。通路から眺めるとどこまでも光が続いているように見える演出で、金魚品種の無限の可能性を表現した空間になっている。

注目は、丸みのある優美な尾が特徴の、4種類の蝶尾(黒蝶尾、キャリコ蝶尾、変わり蝶尾、青蝶尾)が並ぶ列。蝶がハネを広げたような蝶尾の魅力を、それぞれに堪能できる。

さらに、折り紙をイメージして作りあげた新作「オリガミリウム」は、アートアクアリウムならではの造形美が光る。折り紙は、もともと平安から鎌倉時代の上流階級で、手紙を折りたたんだり物を包んだりという文化習慣から生まれたという。そんな礼法に基づいた端正なフォルムと、自由で華やかな金魚の姿のバランスもおもしろい。

関連記事:

ピックアップ

進化系「友の会」!?百貨店と銀行がアプリでひとつになって誕生した「スゴ積み」とは?
ゆるい表情が愛らしい。新潟の手作り直管型砂時計「すなだときお」/新潟県・新潟市
夏果実のデザートビュッフェとアフタヌーンティーの魅力をどちらも。東京マリオットホテルの人気ビュッフェを読者がレポート
【速報】東京ディズニーランド「スプラッシュ・マウンテン“びしょ濡れMAX”」を体験レポート!「SUISUI SUMMER」の限定グルメも