「手のひらに透明のぶつぶつ」ができる原因をご存知ですか?医師が解説!

「手のひらに透明のぶつぶつ」ができる原因をご存知ですか?医師が解説!

手のひらに透明のぶつぶつがある時、身体はどんなサインを発しているのでしょうか?Medical DOC監修医が考えられる病気や何科へ受診すべきか・対処法などを解説します。気になる症状は迷わず病院を受診してください。

伊藤 礼司 医師

監修医師:
伊藤 礼司 医師(松江市立病院)

2013年香川大学医学部卒業。
島根大学医学部附属病院初期研修修了後、整形外科勤務、2018年に島根大学医学部附属病院皮膚科入局、2021年から松江市立病院にて一般皮膚科診療に従事。
日本医師会認定産業医。卒後臨床研修指導医。緩和ケア研修修了。

「手のひらに透明のぶつぶつ」の症状で考えられる病気と対処法

手のひらに透明なぶつぶつができる症状で考えられる病気には、接触皮膚炎などによる手湿疹、アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、手の水虫である手白癬など様々です。これらは見た目が非常に似ており、判別は大変困難なのですが、原因に心当たりがあれば対処もしやすくなります。それぞれの症状とその原因、対処法についてお伝えします。

手のひらに透明のぶつぶつができる症状の原因と治し方

手のひらに透明のぶつぶつができる症状の原因の一つに手湿疹があります。

手湿疹

手湿疹とは手の皮膚への刺激やアレルギー反応などが原因で生じる皮膚炎です。手にできる接触皮膚炎と考えられています。症状としては、痒みを伴う紅斑(赤い発疹)が手のひらに生じ、次第に透明な小さい水ぶくれや膿疱と呼ばれる膿がたまったようなぶつぶつができて、悪化するとびらんになることもしばしばあります。手のひらに発症することが多いです。原因はさまざまですが、水や洗剤を使う家事、調理作業の他、何かしらの作業で手をよく使う職業に伴うものが多いです。家事をする主婦も多くみられることから主婦湿疹とも呼ばれています。
手湿疹の予防にはまずは原因となる刺激やアレルゲンを避けることが最も重要です。職業に伴う場合は、原因を避けることが難しい場合もあり、その場合は日頃のスキンケア(保湿等)が重要となります。
悪化した場合は治療する必要があり、ステロイド外用薬を適量を適度な頻度でしっかりと塗ることが基本です。症状が治らない、長く続く場合はひどくなる前に皮膚科を受診しましょう。

手のひらに痒くないが透明のぶつぶつができる症状の原因と治し方

手のひらに痒くないが透明なぶつぶつができる症状の原因には、手白癬(てはくせん)が考えられます。

手白癬(てはくせん)

手白癬は、白癬菌が手に感染して起こる病気です。白癬は水虫とも呼ばれます。手白癬の人は、足の水虫を合併していることが多いです。ぶつぶつができる、皮膚がかたくなる、カサカサと皮膚がむける、かゆみがないなどが症状の特徴です。手白癬の症状は他の疾患との鑑別が見た目では難しいため、皮膚科で顕微鏡検査をしてもらいましょう。手白癬は他人に感染する病気ですので、タオルの共用はやめましょう。

手のひらに痒くて透明のぶつぶつができる症状の原因と治し方

手のひらに痒くて透明のぶつぶつができる症状の原因には、アレルギー性接触皮膚炎といって、アレルギー反応で引き起こされる接触皮膚炎もあります。皮膚に触れた物質に対して免疫が過剰に反応して皮膚症状を引き起こす病気です。症状は、かゆみを伴うぶつぶつができたり、皮膚が赤くなったりします。
手のひらのアレルギー性接触皮膚炎を引き起こすアレルゲンには、ニッケルやコバルトなどの金属、樹脂、ゴム、除草剤などの農薬、キクやウルシなどの植物、抗菌外用薬などの医薬品などの可能性があります。アレルギーは原因物質の特定と除去が大切です。
アレルゲンに接触してから数日後に症状が出ることもありますので、症状が現れた時の状況を詳しく確認しておきましょう。症状が悪化している場合や生活に支障がある場合は早めに皮膚科を受診しましょう。

手のひらにかたい透明のぶつぶつができる症状の原因と治し方

手のひらにかたい透明のぶつぶつができる症状の原因は、掌蹠膿疱症などの可能性が考えられます。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

掌蹠膿疱症とは手のひらや足の裏に水ぶくれや膿が繰り返しできる病気です。でき始めはかゆみを伴うことが多く、しばらくするとかさぶたとなり剥がれ落ち、赤くなったりカサカサしたりします。膿が溜まったといっても細菌や真菌等が侵入してできる膿と違い、掌蹠膿疱症の場合は、細菌や真菌はいませんので、自分で水ぶくれや膿疱を潰したりしないようにしましょう。二次的に細菌感染などを生じるリスクがあります。
金属アレルギーが掌蹠膿疱症の引き金になった例が報告されており、疑わしい場合はアレルゲンの特定・除去を行います。また扁桃炎や歯周炎、慢性の副鼻腔炎などの自覚症状がないほど軽度の疾患がある場合、それらの治療を行うと掌蹠膿疱症の症状が改善する場合があることが知られていますので、他の疾患がないか調べ治療することも重要です。主な診療科は皮膚科です。掌蹠膿疱症は感染しない病気ですが、見分けにくい疾患として接触皮膚炎や水虫などがありますので、判別のためにも早めに皮膚科に行くことをお勧めします。

すぐに病院へ行くべき「手のひらに透明のぶつぶつ」に関する症状

ここまでは症状が起きたときの原因と対処法を紹介しました。
応急処置をして症状が落ち着いても放置してはいけない症状がいくつかあります。
以下のような症状がみられる際にはすぐに病院に受診しましょう。

手のひらに透明のぶつぶつがあり全身症状を伴う場合は、救急科へ

手のひらのみでなく全身に発疹が現れたり、皮膚が赤くなる症状、息苦しさなどの呼吸器症状、意識障害などがある場合は重篤なアレルギー反応であるアナフィラキシーの可能性があります。

アナフィラキシー

アナフィラキシーとは、アレルゲンの侵入により全身にアレルギー症状が現れる大変危険な反応で、血圧低下や意識障害を伴う場合はアナフィラキシーショックと言います。通常は食べ物や薬剤、ハチなどの毒で起こりやすいです。特に意識障害が現れる場合は危険ですので、すぐに救急車を呼びましょう。

関連記事:

ピックアップ

「子宮後屈」ってどんな症状?原因についても詳しく解説!
「膀胱炎」ってどんな症状?予防法についても解説!
鼻中隔弯曲症の手術や原因、症状、病院を受診すべき目安を解説
「奥歯の歯茎が腫れる」原因をご存知ですか?医師が徹底解説!