別居中の婚姻費用の支払いで婚姻費用地獄に〜生活苦を回避する方法

別居中の婚姻費用の支払いで婚姻費用地獄に〜生活苦を回避する方法

夫婦には互いに協力して扶助し合う義務(助け合うこと)があるため、別居をしても生活に必要な費用として「婚姻費用」を別居した配偶者に請求される場合があります。

別居をしても配偶者がいつまでも離婚してくれず、長期に渡って婚姻費用を払いながら別居状態が続いてしまっており支出の面で悩んでいる人は少なくありません。

婚姻費用の支払いで生活苦になってしまい、婚姻費用地獄に陥ってしまうのです。

しかし安心してください。

今回は、

  • 婚姻費用地獄で苦しい人がとるべき手段
  • 高額な婚姻費用を減額する方法
  • 根本的解決策

など、婚姻費用地獄を回避するための方法を解説します。

本記事がお役に立てば幸いです。

1、婚姻費用地獄がツライ!SNS【掲示板】でのエピソード3選



婚姻費用地獄に悩んでいる方は非常に多いものです。

そこで、SNSやネット掲示板などで公開されているもの実際の婚姻費用地獄に陥ったエピソードをご紹介します。

どんな経緯でどのような婚姻費用地獄に陥ってしまっているのかみていきましょう。

(1)闘病中に毎月9万支払いで赤字

うつ病になり仕事を休職して入院している間に妻に離婚を言い渡され、妻は子供二人を連れて出て行きました。

まずは別居するとのことで婚姻費用分担請求調停により毎月9万円の支払いが決まりました。

退院後は1ヵ月で体調を崩して再入院することになり、退院後傷病手当を貰って働けないまま9万円を払い続けてしまっているようです。

参考:Twitter

(2)子供にも会えず婚姻費用のせいで自己破産へ

こちらの方は妻が子供を連れ去って別居になり、子供に会えない苦しみなどから精神が崩壊して仕事は退職に追い込まれました。

そして、婚姻費用請求されたものの支払えずに財産は差押えられ、最終的には生活苦で自己破産申請をするまでに。

最終的には財産も親権も全て奪われ、面会交流も叶わずに子供たちにも会えないまま裁判離婚で離婚が成立しました。

しかし今も当時のことがフラッシュバックして苦しめられているようです。

参考:Twitter

(3)家賃と婚姻費用の支払いで生活苦

こちらの方は性格の不一致により配偶者(妻)と別居しました。

配偶者は1歳半の子供を連れて実家に帰り、自分はそのまま家族で住んでいた家に一人暮らし。

年収400万円で手取り月20万円、家賃は7万5千円で婚姻費用の請求は毎月8万6千円となり、手取り20万円の内、家賃と婚姻費用で毎月16万円が飛ぶため月4万円での生活を余儀なくされたそうです。

そこから

  • スマホ代
  • 光熱費
  • 食費
  • 交通費
  • その他税金

などを賄うことになりました。

参考:ネット掲示板

2、婚姻費用地獄がキツイ人がとるべき手段



婚姻費用の支払いが続くことで生活が厳しくなって婚姻費用地獄に陥ってしまうような場合、勝手に支払いを止めてしまおうかと考える方もいるでしょう。

しかし、相手への合意なしに支払いを止めてしまえば法的手段を取られてしまう可能性があります。

婚姻費用地獄がつらい場合には次の方法を検討しましょう。

  • 離婚
  • 復縁
  • 婚姻費用減額請求

(1)離婚

婚姻費用は婚姻生活が続くことで発生するため、離婚をすれば支払わなくて済むようになります。

ただし、子供がいる場合には離婚することで養育費の支払いが発生する場合があります。

婚姻費用を支払うことに比較すれば、毎月の養育費の方が金額は低くなることが一般的です。

離婚は相手に法定離婚事由があれば、相手が離婚に合意しなくても裁判で離婚を成立させることができます。

相手に法定離婚事由がなければ協議で離婚を進めることになるので、双方の合意が必要になります。

相手が経済的理由などから離婚を拒んでいるのであれば、

  • 財産分与
  • 慰謝料

などで決着する方が婚姻費用を支払い続けるよりも得策の場合もあるので一度弁護士などの専門家に相談してみることをおすすめします。

なお、ご自身が有責配偶者(離婚の原因を生み出したことに対して責任のある配偶者、浮気など)の場合は、協議で合意に至らない場合に離婚請求しても裁判では認められません。

しかしもしも相手が有責の証拠(有責配偶者が浮気をしたことを示す証拠など)を持っていない場合であれば、離婚請求が通る可能性もあります。

この場合も財産分与や慰謝料などで離婚の交渉をすることもできるため、離婚を進めたい場合には弁護士に相談してみましょう。

(2)復縁

復縁して同居を再開すれば、別途で婚姻費用を支払う必要はなくなります。

互いに離婚をする気がないのであれば、別居して婚姻費用を支払い続けることは無駄な出費になってしまいます。

しかし、復縁しても理想通りの関係や生活になるとは限らないので注意が必要です。

一度は別居して離婚なども考えた相手なので、円満な夫婦生活に戻ることは簡単ではありません。

夫婦関係の再構築のコツについて詳しく知りたい人は以下の関連記事を確認してみてください。

(3)婚姻費用減額請求

離婚も復縁も今のところは考えていない場合や、離婚が成立するまでにまだ時間がかかるという場合には、婚姻費用の減額請求を行うという手段もあります。

一度決めた婚姻費用であったとしても、状況によっては減額が認められることがあるのです。

婚姻費用が高額で支払いが困難になっている場合には、減額請求について検討してみましょう。

婚姻費用の減額請求については、次の章で詳しく解説していきます。 

関連記事:

ピックアップ

親権停止とは?|停止されたらどうなるの?弁護士が徹底解説!
親権者を変更したい場合に知っておくべき9つのこと【弁護士が解説】
面会交流権とは?離婚後に子どもに会う頻度と場所の決め方
前婚の子が財産を相続するために知っておきたい5つのこと