夜に洗濯するメリットとデメリットは?干し方や乾かし方のコツを解説

夜に洗濯するメリットとデメリットは?干し方や乾かし方のコツを解説

仕事や育児で忙しい家庭では、日中に洗濯ができず夜に洗濯せざるを得ないこともありますよね。洗濯は昼間に行うイメージがありますが、生活に合わせて夜洗濯するという人もいます。今回は夜間に洗濯するメリットや注意点、干し方や乾かし方のコツなどを紹介します。

室内干しでも効率的に乾かせるアイテム

ここでは室内干しでも効率よく乾かすことができる便利グッズを紹介していきます。

部屋干しは夜間の洗濯だけでなく、花粉や梅雨といった外干しができない時期にも有効なため、部屋干しグッズは揃えておくとよいでしょう。

洗濯物を干すスペースに合わせて家庭に合ったアイテムを探してみましょう。

スリムくるくるハンガー

狭いスペースでもバスタオルやシーツなども乾かせるハンガーです。

耐荷重が4kgで、バスタオル2枚、シーツ1枚ほど乾かすことができます。風通しのよい構造になっており、何よりも省スペースで使えるのがおすすめです。使わない時は折りたたみ可能なので収納しやすいのも便利です。

どこでも早干しハンガークリップ

靴下やハンカチ、子どものスタイなどの小物を干すのに使いやすいクリップタイプのハンガーです。洗濯物の厚さによって3段階まで調節が可能なため、分厚い物でも風通しよく干すことができます。

フックが360度回転式なので、どこにでもかけられて便利です。室内干しだと干す空間の確保が必要ですが、このハンガーがあれば物干しスペースがなくてもどこにでも干すことができます。

ジーンズ専用ハンガー

ジーンズは分厚いため乾くのに時間がかかります。ジーンズ専用ハンガーなら内側に空気が通る状態でジーンズを干せるので乾きやすくなり、室内干しに重宝するでしょう。

ジーンズだけではなくスカートなども干すことができますよ。

風が通るハンガー

衣類に空洞を作った状態で干すことができ、内側から風が通るので乾きやすくなります。空洞を作ってくれる吊り下げバーは360度回転するので、普通のハンガーの状態で使うことも可能です。状況に合わせて臨機応変に使用できるでしょう。

らくらくパーカーハンガー

フード付きの衣類はフードの部分がなかなか乾きにくいものです。このらくらくパーカーハンガーはフードの部分が重ならないように固定できるので、フードが乾きやすくなります。フードがない服にも使えるので、状況に合わせ使い分けることができます。

部屋干しの際は、ニオイ対策ができる洗剤を使うのもおすすめですよ!

洗濯する時間がないなら代行サービスが便利!

ライフスタイルによっては、なかなか洗濯する時間自体が取れないという人もいるでしょう。

・洗濯物を干しっぱなしにしたくない

・仕事や育児があるのでできるだけ家事の負担を減らしたい

・時間がないからやらなくてよい家事は減らしたい

このような悩みがあるときは、代行サービスが便利です。依頼も受け取りも自宅にいながらできてしまうので、共働きや子育てで忙しい家庭にぴったり。

たまに利用するだけでも洗濯の負担が軽くなるのでおすすめです。

【ネクシー】送料無料!テレビでも取り上げられた人気の宅配クリーニング

・全国対応で送料無料!

・ブランド物も安心の高品質クリーニング

公式サイトをみてみる

【リネット】会員数45万人を突破!宅配クリーニングのリネット

・当日集荷・全国対応!

・店舗と変わらない価格で自宅にいたまま利用できる

・業界最大級の宅配クリーニングサービス

公式サイトをみてみる

関連記事:

ピックアップ

こんなの求めてた! 有能すぎるお出かけバック
かわいすぎる! ぷしゅぷしゅピザ(1歳6ヶ月頃から)【管理栄養士監修】
種なしで食べやすい? まるでスイカゼリー(1歳6ヶ月頃から/おとな)【管理栄養士監修】
諦めていたその錆に 試す価値しかないコレ!