マネしたら人から垢抜ける♡プロ直伝!最新今っぽアイを作るアイシャドウの塗り方3選

メイクアップアドバイザーの伊早坂美裕です。みなさんアイメイクのアップデートはしていますか?変化のないアイメイクは、なんだか垢抜けない印象を与えてしまう原因になってしまいます。そこで、マネするだけで垢抜ける、最新の今っぽアイを作るアイシャドウの塗り方3選をご紹介します。

アイシャドウの塗り方を変えるだけで脱マンネリ化

複数色入っているアイシャドウパレットを使っていても、毎回同じアイメイクになってマンネリ化している方は多いのではないでしょうか。

同じアイシャドウパレットでも、アイシャドウの塗り方次第で、さまざまな雰囲気を楽しむことができるんです。

また、今っぽアイを作るなら、4色以上入っていて、マット、サテン、ラメなどの質感の異なるカラーが揃っているものを選んでみましょう。

大人女子の目元を引き立てる好印象メイク

オトナ女子の目元を引き立てて、好印象を与えてくれるアイメイク。どんなシーンにもマッチする万能メイクでデイリー使いできる基本のメイクです。

① Aをアイホール全体から眉下まで広げる。下まぶた全体にものせる。

② Bをアイホール全体的に向かってグラデーションを作る。下まぶたは目尻から目頭に向かってグラデーションを作る。

③ Cを目頭側の黒目の外側から、目尻までの間の二重幅に広げる。

④ Fを黒目の下のまつげの際にのせる。

⑤ Dのラメを黒目の上と下まぶたの目頭から黒目の終わりの位置までのせる。

くすみがちな目尻を締め色で囲まず、抜け感を出しながら、ナチュラルな陰影とラメで立体感を出すのが今っぽポイントです。

関連記事:

ピックアップ

去年とはこんなにちがう!2022年夏の今っぽ眉はコレ♡プロが教える「垢抜け眉」の作り方
しまむらさん…可愛いのにこの値段でいいの?ALL1000円以下♡ヘビロテ確定安かわトップス
ユニクロのコレめっちゃラクで可愛い♡体型カバーもできる!「サロペット&ワンピース」
これでもう挫折しない!整理収納アドバイザーが教える「片付けを成功に導く3つのルール」