盛らないのが正解!「幅狭二重」のあか抜けアイメイク術

盛らないのが正解!「幅狭二重」のあか抜けアイメイク術

おはようございます。コスメコンシェルジュの稲毛登志子です。

幅の狭い二重の悩みといえば、アイメイクを盛れば盛るほど目が小さく見えること。

せっかくメイクしたのに…この逆効果は、かなりツラいですよね!

そこで今回は、幅狭二重を活かした、簡単「あか抜けアイメイク」術をご紹介します。

幅狭二重アイメイクが失敗するのはなぜ?

目を大きく見せたくてアイメイクしているのに、反対に小さく見える…これは、幅が狭い二重さんの「あるある」ですよね。

なぜ逆効果になるのでしょうか?その理由は…アイメイクをすることで二重の幅が隠れてしまうから!

幅狭二重さんの目を引き立てるアイメイクは、「盛りすぎない」そして逆に、手を「抜いてみる」ことが大切です。

アイメイク

【1】淡色アイシャドウを使う

アイメイクアイテム

マジョリカマジョルカ/シャドーカスタマイズ PK321 ひとひら

幅狭二重さんは、濃い色のアイシャドウを塗ると、二重の存在が薄れてしまいがち。

目を大きく見せたいなら、ピンクやコーラルなどの淡色アイシャドウがおすすめです。

ブラウンの場合は、透け感のあるものをふわっと塗るのならOK。

そして塗る範囲ですが、幅狭でまぶたが重めの場合、アイホール全体に塗ると余計にまぶたが目立ちやすくなります。

二重線より少し上のあたりまでにすると、すっきりとした印象を与えられます。また、締めのカラーは使わず、メインカラーだけで塗り終えると二重幅が潰れません。

関連記事:

ピックアップ

英語「evening」と「night」の違いって?
チンするだけで簡単!「レンジで完結」朝ごはんレシピ3つ
5分で簡単!切って混ぜるだけの「しらす×野菜ご飯」レシピ2つ
シンプルにおいしい!生姜香る「大根とお揚げの炊き込みご飯」