洗濯は何時から何時までなら迷惑ではない?マナーや音を抑えるコツ

洗濯は何時から何時までなら迷惑ではない?マナーや音を抑えるコツ

洗濯は何時から何時までならご近所に迷惑にならないのでしょうか。洗濯機の音は騒音になり得るとわかっていても、日中に洗濯ができない人も少なくありません。この記事では、洗濯に適した時間帯や、洗濯の音を少しでも抑えるためにできる工夫、防音対策についてお伝えします。

洗濯機の音はうるさい?

一般的に人が音を聞いてうるさいと感じるのは60dB(デシベル)を超えたあたりからといわれています。

夜間、睡眠に影響がない音としては35~40dBほどとされ、40dBを超えてしまうと、近所の人の睡眠を妨げ、騒音トラブルになってしまう可能性があります。

通常、洗濯をするときは、洗濯から脱水まで行いますよね。場合によっては乾燥まで洗濯機で済ませる人もいるでしょう。

一般的な洗濯機の運転音は、日本の主要メーカーの製品を見てみると、洗濯時30〜40dB、脱水時40〜50dB、乾燥時40〜50dBのものが多いです。脱水・乾燥時に特に音が発生しやすく、夜間の音としては大きいことがわかりますね。

洗濯音が20dB台と静かな機種もある一方で、脱水音が50dBを超える機種もあります。東京都が示した生活音の目安では、洗濯機は「約64~72db」とされており、うるさいと感じる家電といえます。

建物の構造によって音の伝わり方も違ってきますが、洗濯機の音はうるさいと感じる人がいてもおかしくない音の大きさです。時間帯を間違えると、トラブルになりかねないため洗濯する時間には配慮が必要です。

洗濯は朝何時から夜何時までなら問題ない?

騒音はご近所トラブルの原因の1つです。洗濯をする時間もご近所に迷惑がかからない時間帯にしたいですよね。

一般的に問題ないとされる時間の目安があっても、一軒家、アパートなど住宅環境を考慮する必要があります。

洗濯は何時から何時ごろまでが望ましいのか、詳しくみていきましょう。

一般的なマナーとしての洗濯の時間

洗濯機の使用時間や生活音に関して、法律で規制はありませんが、自治体によっては生活音の目安を定めていることがあります。

たとえば、横浜市は生活騒音防止の指針として、朝6〜8時・夕18〜23時、夜間23〜翌6時までの時間帯は、昼間よりも低いdB値を定めています。

また、選挙カーの活動が許可されている時間帯は8〜20時とされ、騒音規制法では第2号区域(主に住宅外として静穏保持が必要な区域)は夜10時から朝6時に作業してはならない、と定められています。

このことから、一般的に洗濯をしても問題ないと考えられる時間帯は、朝7時から夜21時までが目安となりそうです。

しかし、これはマナーとしての目安でしかありません。うるさい、迷惑だ、という感じ方は人により異なるため、洗濯する時間は住居環境、ご近所に住む人の年齢層やライフスタイルを考慮する必要があります。

一軒家の場合の洗濯の時間

一軒家に住む場合、洗濯をする時間は特に気にする必要がないと考えてしまいがち。

しかしながら、お隣までの距離が近い場合、意外と生活音は響いています。

深夜・早朝を避け、一般的なマナーとしての時間を意識し、洗濯機を使うのは朝7時から夜21時ごろまでを目安にするとよいでしょう。

アパートやマンションの場合の洗濯の時間

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合、一軒家と比較すると隣接する部屋への生活音が響きやすいです。

上下左右のみならず、斜め上、斜め下の部屋にも音は響きます。特に軽量鉄骨や木造の建物は、音だけでなく振動も響きやすいので注意しましょう。

一般的に、高齢の人や、小さい子どもがいる家庭の睡眠時間は早く、夜19〜20時には寝ている可能性があります。

同じアパートやマンションに住む人の年齢層やライフスタイルによっては、20時ごろの洗濯で騒音トラブルになってしまう可能性があるので注意しましょう。

マンション管理の日本ハウズイングによる生活音に関する意識調査では、洗濯機を回す時間の許容時間は夜21時までとの回答が一番多かった一方で、13%の人が18〜19時までと回答しています。

夜の早い時間帯であっても迷惑に感じる人がいるということは頭に入れておいたほうがいいですね。

参考:日本ハウズイング「生活音に関するアンケート結果

ベランダなど外に洗濯機がある場合の時間

ベランダなど外に洗濯機がある場合は、一軒家であってもアパートやマンションであっても、一般的な時間よりも目安の時間を短く考えるほうがいいでしょう。

遮蔽物が少ない屋外では、音が響きやすいため洗濯の時間は朝8時ごろから夜19時くらいまでにしておくとトラブルにつながりにくいでしょう。

休日(土日・祝日)の洗濯の時間

土日・祝日は仕事や学校が休みで、朝は平日よりゆっくり過ごしている人も多いのではないでしょうか。

そのため、洗濯をする時間も朝は平日よりも遅い時間、朝8時くらいからにするといいでしょう。

しかし、職業によっては必ずしも土日・祝日が休みとは限りません。平日だからと早朝に洗濯機をまわしてしまうと、平日休みや夜勤明けの人の睡眠を妨げてしまうということもあるため、近隣の人への配慮が大切です。

夜に洗濯するメリットとデメリットは?干し方や乾かし方のコツを解説

関連記事:

ピックアップ

食べやすい味付け きゅうりとツナの酢の物(1歳6ヶ月頃から/おとな)
七五三で使う被布(ひふ)とは?3歳の女の子だけじゃなく男の子も必要?
野菜もおいしく 子どもガパオライス(1歳6ヶ月頃から)
キッチンの換気扇掃除のやり方は?適した洗剤やファン別の手順を紹介