コーヒーの街・福岡のローカルタウンで出会った、日常のカフェ~HELLO,COFFEE TOWN~/福岡県・大野城市

コーヒーの街・福岡のローカルタウンで出会った、日常のカフェ~HELLO,COFFEE TOWN~/福岡県・大野城市

食が豊かな街、人がいい街。そんな福岡のイメージに今、付け加えたいのがズバリ「コーヒーの街」。喫茶店からスペシャルティまで、振り幅広く独特のカルチャーが根付くこの街の「コーヒーのある景色」に会いに出かけよう。

オーストラリアからオランダ、そして福岡へ。

左/光がまわる明るい店内で、くつろぎながら読書を 右/セレクトコーヒー(550円) はHario V60を使ってドリップ。ジューシーで心地よく飲める一杯

やぁ!ここは日本屈指のコーヒータウン、福岡。アイスグリーンの色した私鉄の電車とベビーカーがよく似合う郊外の街、春日原(かすがばる)です。郊外と言っても都内に暮らすあなたが思うよりは遠くなく、中心地までは電車でたったの10分。それでも2021年の春、ここに清潔でハートウォームなコーヒー屋さん「BASKINGCOFFEE kasugabaru」ができると、ついに!と、地元の人はみんなうれしそうです。さもありなん、かの芸人さんの言葉を借りればコーヒー屋さんは「なんぼあってもいい」もの。店主・室本寿和さんはこう言います。

「コーヒー屋さんは地域に根付く存在って言いますけど、本当にそうなんですよね。人はふだんの生活で、移動距離は半径2キロくらい。だからその圏内にあることが重要なんです」

それをつくづく実感したのは、何より自身の海外での体験でした。

「お店を出して面白いのは、スタッフとお客さん、またお客さん同士のつながりが自然に広がっていくところ」と室本さん

さかのぼること2004年、オーストラリア留学をした室本さんは、そこでカフェが日常にある喜びを知ります。

「いつもみんなが集まるカフェがあって、バスで通りがかった時、知っている顔があると降りて行く。僕の中でカフェはコーヒーを飲みに行くというより、友人たちと話をするための場所だったんです」

深いのに軽やか、鋭くポップな視点にグッとくる! 室本さんが日本語版のディレクターを務めるコーヒーカルチャー誌『Standart』

時空は飛んで2012年のオランダ。当時アムステルダムにある翻訳会社で働いていた室本さんは、ここでスペシャルティコーヒーカルチャーに没入。現地で仲良くなったバリスタさんが出る大会を観に行ったり、コーヒー屋さんを自転車でめぐるツアーに参加したり。「ちょうど僕がいた頃にいろんなコーヒー屋さんがブワーッと増えて。そういう波を肌で感じてたんです」。

さらに運命なのが、コーヒーカルチャー誌『Standart』との出会い。その面白さに衝撃を受け、日本語版ができると耳にするやいなや「関わらせて欲しい」と直談判。翻訳業務を経て、ディレクターに就任することになりました。

室本寿和さんは福岡県北九州市生まれ。コーヒーカルチャー誌『Standart』の日本語版ディレクターであり、「BASKINGCOFFEE kasugabaru」の店主であり、2児の父でもある

さらに飛んで2020年の福岡。結婚し、妻の地元である春日原に暮らす室本さん。世に緊急事態宣言が出され、いよいよ移動ができなくなった時、はたと気づいたのは「自分の街にコーヒー屋さんがない」という事実でした。
「それまで外ばかりで、ここに目を向けてなかったんです。だけど、まずは自分が地域に愛着を持ちたい、持たないと豊かにならないと思って」。じゃあ、自分でお店をやろう。海外で味わったコーヒーカルチャーを、この街で実現させようと決意したのです。
「コンパクトな街なので知ってる人もつながりやすいし、適度に街で、公園もあるし、ちょうどいいサイズ感は、アムスにも似てるなと思っていて。ま、ひいき目かもしれませんけどね」と笑うその表情は、まるっきり地元大好きっ子のそれなのでした。

3種用意されたオリジナルブレンド(100g 各810円)

BASKING COFFEE kasugabaru

スペシャルティコーヒーの名店、千早「BASKING COFFEE」の姉妹店。コスタリカの農園から直接買い付けたフレッシュな豆が揃う。オーナーの榎原さんとは旧知の仲

TEL.なし
住所/福岡県大野城市錦町2-1-18
営業時間/11:00~19:00
定休日/木


関連記事:

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

ピックアップ

岡山で生まれる“自然派”ビール
帝国ホテルの夏アフタヌーンティーを編集部が実食レポート。国産夏フルーツのスイーツに、空と海をイメージしたセイボリーが絶品
農家さん直伝! 野菜の本当においしい食べ方~埼玉・ナスとズッキーニ~【連載エッセイ】
「XEX SUMMER ブッフェ」実食レポート。シトラスといちごスイーツ、贅沢なローストビーフまでが食べ放題に