お宮参りの写真はどこでどんな服装で撮る?場所や服装のポイントを紹介

お宮参りの写真はどこでどんな服装で撮る?場所や服装のポイントを紹介

お宮参りで写真を撮ろうと考えているママ・パパもいるでしょう。初めてのことだと、どこで・どんな服装で撮るかわからないことも多いですよね。この記事では、お宮参りで写真を撮る場所や服装のポイントを紹介します。ぜひ参考にして、素敵な写真を残してくださいね。

お宮参りとは?どんなことをするの?

写真を撮る場所や服装のポイントをお伝えする前に、お宮参りがどんな行事なのかみていきましょう。

赤ちゃんの健やかな成長を願う儀式

お宮参りとは、住んでいる土地の神様である産土(うぶすな)神に赤ちゃんが無事に誕生したことを報告し、健やかな成長を願う儀式です。

昔は「産土詣(うぶすなもうで)」といわれていましたが、室町時代頃に「お宮参り」と呼ばれるようになり、現在は「初宮参り」や「初宮詣(はつみやもうで)」とも呼ばれています。

お宮参りでは、神社やお寺に参拝し、ご祈祷を受けるのがならわしです。

このとき、赤ちゃんに「祝い着」と呼ばれる着物を着せることが多く、地域によっては赤ちゃんの服に紐銭(帯銭)を結びつけることもあります。

お宮参りの風習は地域によってさまざまなので、不安な場合は事前に、神社に問い合わせするとよいでしょう。

生後1ヶ月前後にお参りしよう

伝統的なお宮参りのタイミングは、男の子が生後31~32日目、女の子は生後32~33日目とされています。

しかし、最近はこの日数にこだわらず

・ママと赤ちゃんの体調が落ち着いてから

・お食い初めと一緒に行なう

・上の子の七五三と一緒にお参りする

・気候が穏やかになってからお参りする

など、家庭ごとにお参りしやすいタイミングでお参りすることが多いようです。

生後1ヶ月はあくまでも目安なので、ママと赤ちゃんの体調や気候を優先して決めましょう。

食事会や記念撮影をするのもおすすめ

お宮参りのあとは、家族で記念撮影をしたり、両家の親睦を深めるための食事会を行なう家庭も多いです。

写真撮影はお宮参り当日に神社で行なうこともあれば、後日スタジオで行なうこともあります。

いずれの場合も、生後間もない赤ちゃんと家族の姿を写真に残せる機会なので、ぜひ記念撮影を検討してみてくださいね。

食事会は、レストランなどのお店で行なうこともあれば、自宅で済ませる家庭もあります。予算やスケジュール、ママと赤ちゃんの体調を考慮しながら、どこで行なうか決めるとよいでしょう。

お宮参りの写真はいつ撮るのがベスト?

では、お宮参りの写真は、いつ・どこで撮るのが望ましいのでしょうか?ここでは、3つのパターンを紹介します。

お宮参り当日に神社で撮影する

まずひとつめは、お宮参り当日に神社で撮影するパターンです。

神社で撮影すると、

・お宮参り当日の雰囲気が記録に残せる

・ナチュラルな表情の写真に仕上がる

などのメリットがあります。

もし、出張カメラマンに撮影してもらう場合には

・出張費がかかる

・小物や衣装は自分で手配する必要がある

といったデメリットもあります。

出張カメラマンに撮影を依頼するときは、出張費や衣装レンタルの可否なども含めて、依頼するカメラマンを決めるとよいでしょう。

公式サイトでみてみる

待ち時間を有効に活用しよう!

当日に神社で撮影をするのであれば、ご祈祷の待ち時間を有効に活用するのがおすすめです。

一般的なご祈祷の場合、所要時間は1組15~20分程度とされています。

受付後すぐに案内される・時間を指定して予約しているといった場合でなければ、数十分の待ち時間が発生するので、その間に写真撮影を済ませましょう。

待ち時間を有効活用することで、ママと赤ちゃんの負担を軽くできますよ。

お宮参り当日にスタジオで撮影する

ふたつめは、お宮参り当日にスタジオで撮影するパターンです。

お宮参り後に写真館などのスタジオに移動して、プロのカメラマンに撮影してもらいます。

スタジオで撮影するメリットは

・無料で衣装がレンタルできることがある

・天候に左右されず、きれいな写真が撮れる

・子ども向けの設備がそろっている

などが挙げられます。

一方、

・撮影費用がかかる

・スタジオに移動する手間がかかる

・撮影に時間がかかる

といったデメリットもあります。

撮影を依頼するスタジオを選ぶときは、できるだけ赤ちゃんの撮影に慣れたスタッフがいるスタジオを選びましょう。

スタジオマリオのように「お宮参り撮影プラン」があるスタジオもあるので、そちらを利用するのもおすすめです。

後日スタジオで撮影する

お宮参り当日は、何かとバタバタしていて落ち着いて撮影できそうにない、ということもありますよね。そんなときは、別日に改めて、写真館のスタジオで記念撮影を行いましょう。

後日スタジオで撮影すると

・ママと赤ちゃんの体力的な負担が少ない

・時間を気にせず、赤ちゃんの機嫌がよいタイミングで撮影できる

といったメリットがあります。

一方で

・おでかけの準備を2回しなければならない

・衣装をレンタルする場合は2回分の費用がかかる

・祖父母も一緒に写る場合は、日程調整の手間がかかる

といったデメリットもあります。

少しでもよい表情の赤ちゃんの写真を残したいのであれば、後日改めて写真を撮ることも検討してみましょう。

撮影はプロに頼むべき?

写真撮影はプロに頼まなくてもいいのでは?と考える人もいるかもしれませんが、プロに頼むとさまざまなメリットがあります。

・自分で撮影するよりもクオリティの高い写真が残せる

・家族全員が写った写真が残せる

・自分では撮れないシーン・カットの写真が残せる

というのは、プロに依頼するからこそのメリットです。

しかし、自分で撮影することでしか残せない赤ちゃんの表情があることも事実。

プロに依頼する場合でも、自分のスマホやカメラで赤ちゃんや家族の写真を撮影しておくことをおすすめします。

スタジオ撮影ならスタジオマリオがおすすめ!

スタジオでの撮影を考えているのなら、スタジオマリオの「お宮参り撮影プラン」がおすすめです。

「お宮参り撮影プラン」は、

・神社お参り用の着物レンタルが無料

・税込40,000円以上の購入でフォトグッズが選べる

・税込25,000円以上の購入でアルバムプレゼント

・赤ちゃん撮影のプロが撮影

・赤ちゃんの機嫌が悪ければ、後日の撮り直しが無料

・全店舗に授乳室・ベビーベッド完備

なので、初めてスタジオで写真を撮影するママ・パパ・赤ちゃんが安心して撮影に臨めますよ。

スタジオでは、お参り用にレンタルした着物とは別の着物で撮影してもらうこともできるので、ぜひ利用してみてくださいね。

公式サイトでみてみる

関連記事:

ピックアップ

劇的ビフォーアフター エアコンの掃除編
浮かせて清潔 すみっコぐらしがコップをまもるんです
鏡の水垢をスッキリ落とす|クエン酸・重曹の使い方を紹介
専業主婦が夫と家事を分担するのはおかしいの?家事を分担すべき理由を紹介